地質研からのお知らせ

地質トピックス

素材・資源学会論文賞を受賞しました〔2011/10/25〕

論文賞を受賞した荻野主査(右)と遠藤研究主幹(左) 

論文賞を受賞した荻野主査(右)と遠藤研究主幹(左)

 

当所の荻野主査と遠藤研究主幹が資源・素材学会より論文賞を授与されました。
受賞した論文のタイトルは「北海道上ノ国人工湿地における重金属処理-重金属の土壌への固定形態と土壌微生物の役割-」です。

二人は他の共同研究者の方々とともに、重金属を含有する酸性廃水を人工湿地によって浄化する方法の実用化を目指し、上ノ国町で一連の実証試験に取り組んでいました。受賞した論文は、その研究の中で明らかとなった重金属が湿地土壌に固定される形態と、それに関与する硫酸還元菌等の土壌微生物の働きをまとめたものです。
当所では、この研究の成果に基づき、現在、道北の枝幸町において酸性坑廃水の人工湿地処理の施設建設に向けた現地試験に取り組んでいます。

★論文掲載ページ(J-STAGE)へのリンク

ページのトップへ