組織

地質情報グループ

わたしたちは、地下資源および沿岸域の開発、地下および沿岸域の環境保全、ならびに地震・火山などによる地質災害をはじめとする、多種多様な地質情報の効率的な利用や、地質情報の価値を高め、利用範囲を大きく広げることをめざして研究をすすめています。

具体的には、地理情報システムを用いた地質情報解析、データベースの開発・運用、ウェブGIS によるインターネット情報発信など、地質情報の高度利活用に関する研究を行ってきています(平成27年度課題一覧分野別課題一覧)。

また、図書室は、道内唯一の地質分野専門図書室として地質関連の図書資料を多く収集しており、明治の開拓史の刊行物なども閲覧できるほか、最も利用の多い5 万分の1 地質図幅および同説明書については、道外地域のものも含め刊行されたもの全てを所蔵しています。また、ホームページでは、当所が調査・刊行を行った地質図を公開しています。

 

     
WebGISで公開している地すべりデータマップ 標高データで作成した豊平川の色彩図

 

◆地質情報グループ所属の研究職員データベース(別ウィンドウで開きます)

ページのトップへ