出版・刊行物

報告書関連

4.研究会・講習会資料集

4-1.調査研究成果発表会 地質研究所要旨集

(平成24年度以前は、調査研究成果報告会報告資料集)

平成28年 〔PDF形式:4.4MB〕|平成27年 〔PDF形式:13.96MB〕|平成26年 〔PDF形式:3.6MB〕|平成25年 〔PDF形式:9.1MB〕

平成24年 〔PDF形式:37.9MB〕|平成23年 〔PDF形式:10.4MB〕|平成22年 〔PDF形式:10.7MB〕|平成21年 〔PDF形式:62.0MB〕

平成20年 〔PDF形式:95.6MB〕|平成19年 〔PDF形式:45.2MB〕|平成18年 〔PDF形式:15.3MB〕|平成17年 〔PDF形式:25.0MB〕

※平成22年以降は地方独立行政法人としての主催です。

平成28年(2016)

口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
北海道沿岸底層の流れとベッドフォーム・底質分布-津波の影響は?; 津波数値シミュレーションによる検討- 仁科健二・内田康人・川上源太郎・嵯峨山 積 (NPO法人北海道総合地質学研究センター) 1
音響探査により屈斜路湖で確認された湖底地すべり活動 内田康人・岡崎紀俊・山崎新太郎 (北見工業大学) ・高橋浩晃 (北海道大学) 2
津波履歴の精度向上に向けた津波堆積物の認定手法に関する研究-化学分析・有機質微化石分析からのアプローチ 加瀬善洋・川上源太郎・林 圭一・仁科健二・ト部厚志 (新潟大学) ・高清水康博 (新潟大学) 3
地球科学的総合調査による十勝岳火口域の地下構造の検討 重点研究「十勝岳」調査チーム(発表:高橋 良) 4
北海道における地熱ポテンシャルマップ改訂について -その1- 岡 大輔・鈴木隆広・林 圭一・田村 慎・大森一人・大津 直・高橋徹哉 5
有珠山周辺の地熱・温泉資源に関する研究 田村 慎・柴田智郎 (京都大学) ・鈴木隆広・岡 大輔・林 圭一・ 大森一人・高橋 良・岡崎紀俊・大津 直・高橋徹哉 6
西南北海道に分布する天然地質材料の重金属等吸着性能-建設残土対策への利用可能性ー 野呂田 晋・荻野 激 7
ポスター発表
内  容 著 者
重点研究「日本海沿岸における過去最大級津波の復元」中間報告 -1741 年渡島大島山体崩壊津波の復元- 川上源太郎・加瀬善洋・仁科健二・廣瀬 亘・石丸 聡・伊尾木圭衣 (北海道大学) ・谷岡勇市郎 (北海道大学) 8
十勝平野管内( 北~北東部) 表層地質図の編纂 廣瀬 亘・鈴木隆広 9
熱水化学成分のモニタリング結果 -洞爺湖温泉地域における地熱構造ボーリング(KH-1) 井- 大森一人・鈴木隆広・田村 慎 10
ジオサイトの利活用促進に向けたデータベースの構築 鈴木隆広 11
休廃止鉱山鉱害防止対策における新たな取り組み -パッシブトリートメントの時代へ- 荻野 激・野呂田 晋・遠藤祐司 12
亜寒帯閉鎖性水域における流域環境保全研究(風連湖) 檜垣直幸・輿水健一・内田康人・大澤賢人・高橋 良 13

先頭に戻る

平成27年(2015)

口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
「北海道の津波災害履歴の研究」の成果と今後の活用に向けた展開 津波堆積物調査チーム(発表:川上源太郎) 1
海浜の保全のための沿岸環境に関する研究‐連続する長大な海浜の侵食傾向に基づく対策‐ 仁科健二・内田康人・輿水健一・高見雅三 2
十勝平野断層帯南部・光地園断層海域延長部における高分解能地層探査 内田康人・仁科健二・高見雅三 3
十勝岳の内部構造と熱水流動系のモデル化に関する研究 重点研究「十勝岳」調査チーム(発表:岡崎紀俊) 4
地質研究所の地熱・温泉研究~戦略と課題~ 大津直・鈴木隆広・田村慎・林圭一・岡大輔・大森一人・高橋徹哉 5
パッシブトリートメントの実用化に向けた取り組み~実用規模人工湿地による実証試験報告~ 荻野激 6
西南北海道に分布する天然地質材料の重金属等吸着能に関する研究‐有害掘削ズリ対策材料としての評価‐ 野呂田晋・荻野 激,八幡正弘(道総研フェロー) 7
ポスター発表
内  容 著 者
十勝岳の内部構造と熱水流動形のモデル化に関する研究―地球化学的・地質学的調査からのアプローチ 重点研究「十勝岳」調査チーム(発表:高橋 良) 8
十勝平野管内(北西~南西部)表層地質図の編纂 廣瀬 亘・鈴木隆広 9
北海道石狩低地におけるボーリングコア(沖積層)の珪藻群集 嵯峨山 積・川上源太郎・仁科健二・大津 直・廣瀬 亘,木村克己(防災科研) 10
2014年8月の豪雨による礼文・稚内の斜面災害 石丸 聡・渡邊達也 11
壮瞥町上久保内地区の地すべり変動 ―地すべりの動態予測に関する研究より― 石丸 聡,田近 淳(道総研フェロー),渡邊達也・田村 慎・岡崎紀俊・川上源太郎・高橋 良 12
屈斜路湖の湖底はどうなっているか ―音響調査結果より― 内田康人・岡崎紀俊,山崎新太郎(北見工大),高橋浩晃(北大) 13
無人艇による砕波帯を含む浅水域測深システム技術の検討と試験運用 仁科健二・内田康人・高見雅三 14
水資源、水域生態系保全に向けた、流域特性の検討と流域圏データベースの構築(目的積立金経常研究) 流域圏研究チーム(発表:檜垣直幸) 15
北海道の地熱・温泉地域における貯留層モニタリングシステムへの重力変動観測の適用 岡 大輔・田村 慎 16
温泉排湯等の熱回収システムの開発~温泉熱の有効利用拡大に向けて~ 高橋徹哉・鈴木隆広・林 圭一・岡 大輔 17
iBooks Authorを用いて作成したiPad用地質巡検案内書 鈴木隆広 18

先頭に戻る

平成26年(2014)

口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
道内地質体の自然由来有害物質リスクパターン-情報システム構築へのアプローチ- 垣原康之・野呂田晋・高橋 良・森野祐助・丸谷 薫・遠藤祐司・原 淳子(産業技術総合研究所)・川辺能成(産業技術総合研究所)・張 銘(産業技術総合研究所) 1
弟子屈地域の水理地質構造 森野祐助・林 圭一・柴田智郎 2
珪藻分析と電気伝導度測定による厚岸湖底表層堆積物と厚岸湾岸の沖積層コアの堆積環境の検討 嵯峨山 積・重野聖之(明治コンサルタント)・内田康人・七山 太(産業技術総合研究所)・安藤寿男(茨城大学) 3
長流川流域に発生した地すべりの変動と推移 石丸 聡・田近 淳・渡邊達也・田村 慎・岡崎紀俊・川上源太郎・高橋良・輿水健一 4
北海道の日本海沿岸における津波履歴 津波堆積物調査チーム(発表:川上源太郎) 5
北海道オホーツク海沿岸のイベント堆積物-過去の津波履歴を探って- 仁科健二・川上源太郎・廣瀬 亘・加瀬善洋・石丸 聡・大津 直・渡邊達也・鈴木隆広・田村 慎・輿水健一・高橋 良・田近 淳 6
留萌・増毛沖海域におけるサイドスキャンソナーによる海底面の画像化とその意義 内田康人・輿水健一・檜垣直幸 7
ポスター発表
内  容 著 者
防災と環境に配慮した地域づくりを支援するためのGIS情報共有に関する研究 小澤聡・大津直・濱原和広(環境科学研究センター)・丹羽 忍(環境科学研究センター)・小野 理(環境科学研究センター) 8
石狩振興局管内5万分の1シームレス地質図の編纂 廣瀬 亘・川上源太郎・鈴木隆広 9
奥尻島で認められた津波堆積物の堆積学的特徴 加瀬善洋・仁科健二・林 圭一・川上源太郎・輿水健一・高清水康博(新潟大学)・嵯峨山 積・渡邊達也・高橋 良・廣瀬 亘・大津 直・石丸 聡・深見浩司・田近 淳・卜部厚志(新潟大学) 10
音響画像から見た留萌・増毛沖海域の底質と地形-海底は音響画像でここまで見える- 内田康人・輿水健一・檜垣直幸 11
風連川流域における懸濁物流出について 輿水健一・水垣 滋(寒地土木研究所)・内田康人・檜垣直幸 12
天然ポゾラン材料としての北海道内の火山灰 垣原康之 13
西南北海道に分布する天然地質材料の重金属等吸着能に関する予察的検討 野呂田 晋・垣原康之・八幡正弘(道総研フェロー) 14
温泉熱の利用拡大に向けて~未利用温泉水の資源量評価と有効利用に向けての研究より~ 高橋徹哉・森野祐助・垣原康之 15

先頭に戻る

平成25年(2013)

口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
金鉱床周辺に分布する海成泥岩からの自然由来セレン・カドミウムの溶出 垣原康之・野呂田晋・高橋 良・遠藤祐司・丸谷 薫・森野祐助・原 淳子(産業技術総合研究所)・川辺能成(産業技術総合研究所)・張 銘(産業技術総合研究所)・駒井 武(東北大学) 1-2
坑廃水処理を実施している人工湿地における金属成分の挙動 荻野 激・野呂田晋 3-4
小樽港における漂着物の特徴と定地モニタリングについて 檜垣直幸・大澤賢人・木戸和男 5-6
サロベツ断層帯前面海域で確認された撓曲構造と活動時期の推定 内田康人・仁科健二・輿水健一・阿部信太郎(産業技術総合研究所)・半場康弘(川崎地質株式会社) 7-8
2つの温暖期の地層が重なる石狩平野の地下地質の検討-既存ボーリングコアを利用した軟弱地盤の研究(平成21~23年度公募型研究)- 嵯峨山積・山田悟郎(元開拓記念館)・岡村 聡(北海道教育大学札幌校) 9-10
明瞭な活断層の分布が知られていない地域での内陸地震に関する予察的研究-新ひだか町三石地域を事例として- 大津 直・田村 慎・鈴木隆広 11-12
地質研究所における津波履歴調査:日本海沿岸における津波堆積物 津波堆積物調査グループ(発表:川上源太郎) 13-14
北海道内の火山の調査・観測と最近の活動状況 高橋 良・柴田智郎・荻野 激・田村 慎・石丸 聡・廣瀬 亘・川上源太郎・渡邉達也・岡崎紀俊 15-16
ポスター発表
内  容 著 者
サロベツ断層帯前面海域の地震性イベント堆積物 仁科健二・内田康人・輿水健一 17-18
石狩低地東縁断層帯南方延長域(勇払沖)にみられる崖地形-音波探査結果から- 輿水健一・内田康人・佐藤智之(産業技術総合研究所) 19-20
日高沿岸三石地域を事例とした明瞭な活断層の知られていない地域での内陸地震の可能性 田村 慎・大津 直・鈴木隆広 21-22
2011年巨大地震津波によって形成された三陸沿岸の礫質津波堆積物 仁科健二・川上源太郎・田近 淳 28-29
北海道を対象とした空中写真判読による地すべり活動度評価手法の活用について 石丸 聡・田近 淳・川上源太郎 25-26
釧路地域の水理地質解析 森野祐助・丸谷 薫 27-28
洞爺湖温泉の温泉資源の変遷と現況 柴田智郎・高橋徹哉・高橋 良 29-30
沖積堆積物の堆積環境と砒素溶出量の相関 野呂田晋・垣原康之・高橋 良・遠藤祐司・丸谷 薫・森野祐助・原 淳子(産業技術総合研究所)・川辺能成(産業技術総合研究所)・張 銘(産業技術総合研究所)・駒井 武(東北大学) 31-32
空知管内地質地下資源調査~5万分の1シームレス表層地質図の作成~ 廣瀬 亘・川上源太郎・鈴木隆広 33-34
ジオサイトの利活用促進に向けたデータベースの構築 鈴木隆広・大津 直 35

先頭に戻る

平成24年(2012)

口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
北海道におけるジオパーク活動 廣瀬 亘 2-3
ホッチャレが環境中の微量元素特性に与える影響 仁科健二・中島美由紀(さけます・内水面水産試験場)・長坂 有(林業試験場) 4-5
小樽運河環境改善に関する研究 大澤賢人・檜垣直幸・仁科健二・栗林貴範(中央水産試験場) 6-7
ニセコ地域に湧出する温泉の現況 柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・高橋 良・秋田藤夫 8-9
根釧平野の水理地質基盤 森野祐助・丸谷 薫 10-11
口頭発表(特別セッション)
内  容 著 者
北海道の地すべりと地質研究所の地すべり研究 田近 淳 14-15
北海道における地すべり活動度評価手法の開発-熟練技術者による空中写真判読評価基準のチェックシート化- 石丸 聡 16-17
地すべり斜面の判読・マッピングと活動性評価-時系列判読による活動性評価の試み- 伊藤陽司 18-19
ポスター発表
内  容 著 者
地盤情報データベースの構築(その1.道庁保有のボーリング資料編)の意義と今後の展開 大津 直・鈴木隆広・小澤 聡・廣瀬 亘・川上源太郎・岡崎紀俊・仁科健二 22-23
面積統計及び面積密度からみた北海道の地すべり地形の地質系統別特徴-地すべり地形GISデータの解析から- 小澤 聡・石丸 聡・田近 淳 24-25
石狩低地における沖積層掘削コアの珪藻指数と電気伝導度の相関 嵯峨山積 26-27
函館平野西縁断層帯南方延長域(函館湾)における沿岸海域活断層調査 内田康人・仁科健二・楮原京子(産業技術総合研究所)・半場康弘(川崎地質株式会社) 28-29
沖積堆積物の堆積環境と自然由来有害物質溶出量の関係 野呂田晋・垣原康之・高橋 良・遠藤祐司・丸谷 薫・森野祐助・原 淳子(産業技術総合研究所)・駒井 武(産業技術総合研究所)・川辺能成(産業技術総合研究所) 30
休廃止鉱山鉱害防止対策における人工湿地処理の取り組み 荻野 激 31-32
採石場の候補地探索のための評価支援ツールの開発 垣原康之 33
北海道産サケ野生集団の評価と流域生態系の動植物に及ぼす影響の解明 さけます・内水面試験場・林業試験場・環境科学研究センター・地質研究所・東北大学・北海道大学・北海道立衛生研究所 34-35

先頭に戻る

平成23年(2011)

口頭発表(特別セッション)
内  容 著 者
北海道を襲った巨大津波研究の現状と課題:3・11 後の北海道の津波防災を考える際の導入 高清水康博(新潟大学教育学部) 2-6
北海道沿岸における東北地方太平洋沖地震の津波調査-概要- 岡崎紀俊・地質研究所津波調査班 7-8
北海道沿岸における東北地方太平洋沖地震津波の作用1:全体概要および河川における痕跡 川上源太郎・地質研究所津波調査班 9-10
北海道沿岸における東北地方太平洋沖地震津波の作用2:海浜・港湾・潟における痕跡および総括 仁科健二・地質研究所津波調査班 11-12
口頭発表(一般セッション)
内  容 著 者
美瑛町白金温泉の現状と課題-H20~H22 受託研究結果から- 高橋徹哉・柴田智郎・岡崎紀俊・村山泰司 14-15
釧路湿原周辺の湧水・地下水・水理地質 丸谷 薫 16-17
道産多孔質鉱物原料の評価と利用方法について 八幡正弘 18
沖積堆積物表層におけるヒ素の分布状況 野呂田晋・遠藤祐司・垣原康之・高橋 良 19
総合的土砂管理に向けた流域土砂動態の解明-せたな町地先沿岸およびその流域を例として- 仁科健二・内田康人・濱田誠一・檜垣直幸 20-21
小樽運河環境の現状 大澤賢人・仁科健二・檜垣直幸・栗林貴範(中央水産試験場) 22-23
携帯電話とQR コードを用いた地質情報の発信システム-登別温泉をテストフィールドとして- 鈴木隆広・八幡正弘・秋田藤夫・高橋 良・(社)登別観光協会 24-25
石狩平野沖積層の層序と基盤地形 川上源太郎・廣瀬 亘・嵯峨山積・仁科健二・大津 直・木村克己(産業技術総合研究所) 26-27
空知管内の地質と地下資源 廣瀬 亘・川上源太郎・石丸 聡・大津 直・鈴木隆広 28-29
大雨で活発化した壮瞥町上久保内の地すべり変動 石丸 聡・田近 淳・岡崎紀俊・田村 慎・川上源太郎 30-31
ポスター発表
内  容 著 者
噴火湾音波探査による黒松内低地断層帯南方延長の堆積構造と活動履歴 内田康人・仁科健二・杉山雄一・村上文敏(産業技術総合研究所)・半場康弘(川崎地質株式会社) 34-35
石狩~長沼低地の掘削井の地質試料から得られた第四紀の古環境と層序 嵯峨山積・菅 和哉・藤原与志樹・井島行夫・岡村 聡(北海道教育大学札幌校)・山田悟郎(北海道開拓記念館)・近藤 務(株式会社北海道技術コンサルタント)・外崎徳二(株式会社レアックス) 36-37
自然の力を利用した環境浄化について 荻野 激 38-39
コンクリート内の骨材反応性現況調査 垣原康之 40
北海道における活断層調査成果の再構築と活用 廣瀬 亘・川上源太郎・大津 直・岡崎紀俊・田近 淳 41-42
1938年屈斜路地震断層周辺における地中レーダ探査 田村 慎・岡崎紀俊・大津 直・廣瀬 亘・川上源太郎・鈴木隆広・田近 淳・高橋浩晃・一柳昌義(北海道大学地震火山研究観測センター) 43-44
携帯電話とQR コードを用いた地質情報の発信システム-登別温泉をテストフィールドとして- 鈴木隆広・八幡正弘・秋田藤夫・高橋 良・(社)登別観光協会 24-25
WebGIS を活用した道内地質災害情報の発信 小澤 聡・岡崎紀俊・石丸 聡・廣瀬 亘・川上源太郎・田村 慎・村山泰司・田近 淳 45
GIS を活用した東北地方太平洋沖地震の道内津波調査情報の共有とWebGIS 情報発信 小澤 聡・地質研究所津波調査班 46

先頭に戻る

平成22年(2010)

口頭発表
内  容 著 者
豪雨と火山活動に起因する土砂災害-北海道恵山周辺の例- 石丸 聡・田近 淳・田村 慎・佐藤 創 5
十勝岳62火口群付近における火山性地殻変動 岡崎紀俊・村山泰司・田村 慎・柴田智郎・石丸 聡 6
北海道北部,天塩平野沿岸に発達する浜堤列の地形と地質-サロベツ断層帯完新世の活動に関連して- 川上源太郎・大津 直・仁科健二・田村 慎 7-8
上川支庁管内の地質と地下資源調査 廣瀬 亘・川上源太郎・鈴木隆広・大津 直・田近 淳 9-10
地盤情報データベースの構築
(その1.道庁保有のボーリング資料編)について
大津 直・鈴木隆広・小澤 聡・廣瀬 亘・川上源太郎・岡崎紀俊・仁科健二 11-12
堆積岩からの自然由来有害元素の溶出に対する風化の影響 高橋 良・垣原康之・野呂田晋・遠藤祐司・原 淳子・駒井 武 13
函館湯川温泉地区の資源動向と保護対策 高橋徹哉・柴田智郎・秋田藤夫・鈴木隆広 14-15
日平均気温による融雪期の坑内水流量変化の予測 遠藤祐司 16
北海道の砕石資源-北海道全域を網羅
:砕石資源分布図Ⅰ~Ⅳ-
垣原康之 17
噴火湾における水塊交替と貧酸素水塊の動態 大澤賢人・木戸和男・奥村裕弥 18-19
サハリン原油による沿岸環境汚染の危険性 濱田誠一・沢野伸浩・後藤真太郎・サロマ湖養殖漁業協同組合 20
約6千年前の温暖期-石狩低地の地層が語る縄文海進の様子- 嵯峨山積< 21-22
ポスター発表
内  容 著 者
上川支庁管内の地質図と地下資源調査-シームレス地質図および地盤ボーリングデータセット構築- 廣瀬 亘・川上源太郎・鈴木隆広・大津 直・田近 淳 24-25
重力探査データを用いた地下構造解析による地震断層の推定 田村 慎・石丸 聡・山本明彦・名和一成 26
雌阿寒岳の化学的長期観測 村山泰司・岡崎紀俊・石丸 聡・田村 慎・荻野 激・柴田智郎 27
ニセコ地域の温泉資源に関する研究(東部~南部地域) 柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・廣瀬 亘・秋田藤夫・高橋 良 28
釧路湿原周縁の湧水と湿原周辺の地下水の水質組成 丸谷 薫・高清水康博 29-30
堆積岩からのヒ素・セレン・ホウ素溶出量と堆積相の相関 垣原康之・高橋 良・野呂田晋・遠藤祐司・八幡正弘・駒井 武・原 淳子・川辺能成 31
鉛等を含む酸性坑廃水の人工湿地処理実証試験の報告 荻野 激 32-33
「北海道沿岸域の地質・底質図」の統合化と海底地質の検討 菅 和哉 34-35
これからの北海道沿岸海域地質関連情報図はどうあるべきか 内田康人 36-37
後志利別川河口周辺沿岸地形の中長期変化 仁科健二・内田康人・檜垣直幸・濱田誠一 38-39
手軽な潮位観測をめざして-簡易潮位計の工夫- 木戸和男・奥村裕弥 40-41
地質研究所のアウトリーチ活動 鈴木隆広 42-43

先頭に戻る

平成21年(2009)

口頭発表
内  容 著 者
オホーツク海沿岸環境脆弱域における油汚染影響評価とバイオレメディエーション実用化に関する研究~研究のアウトライン~ 秋田藤夫 4-5
海跡湖の波浪影響特性評価 仁科健二 6-9
オホーツク海における油汚染に対する生物相影響評価手法の検討 長 雄一・高田雅之・島村崇志・宮木雅美 10-14
サハリン原産油の微生物分解とオホーツク沿岸における現場試験 牧 秀明 15-17
油汚染対策のための環境脆弱域特性評価 濱田誠一 18-23
2008年(平成20年)11月に噴火した雌阿寒岳の調査報告 石丸 聡・田村 慎・廣瀬 亘・村山泰司・岡崎紀俊・柴田智郎・北海道大学理学研究院(地惑システム・地震火山センター)・札幌管区気象台・釧路地方気象台・網走地方気象台・国際航業(株) 24-25
羊蹄火山の活動評価に関する研究 廣瀬 亘・大津 直・川上源太郎 26-27
北海道沿岸域の地質・底質環境-5-(太平洋東海域) 菅 和哉・嵯峨山積・内田康人・仁科健二 28-31
北海道内の産業廃棄物最終処分場の立地地層の水理地質学的特徴 高橋 良・遠藤祐司・丸谷 薫 32-33
積雪寒冷地における硝酸性窒素による地下水汚染機構 丸谷 薫・高清水康博・高橋 良 34-35
函館平野の温泉資源の現状 柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・大津 直・鈴木隆広・秋田藤夫 36-37
ポスター発表
内  容 著 者
2008年5月に発生した雌阿寒岳の土石流調査報告-凍結・融雪期の降雨におる土砂災害- 石丸 聡・槙納智裕・伊藤陽司 40-41
上川支庁管内の地質と地下資源(Ⅱ上川地方中部) 川上源太郎・廣瀬 亘・大津 直・鈴木隆広・小澤 聡・田近 淳 42-43
石狩低地の浅層地下地質・構造の解明に関する研究(平成20年度の研究成果) 大津 直・川上源太郎・廣瀬亘・仁科健二・嵯峨山積・高清水康博・鈴木隆広・小澤 聡・小松原純子・木村克之 44-45
堆積岩からの重金属等の溶出挙動 垣原康之・高橋 良・遠藤祐司・八幡正弘・野呂田晋・駒井 武・原 淳子・川辺能成 46
幌延硫黄鉱山における融雪と坑内水流量変化の関係 遠藤祐司 47
植物による汚染浄化技術に関する基礎的研究 荻野 激 48-49
温泉付随ガス対策用水中モーターポンプの開発と実証化試験 高橋徹哉・柴田智郎・鈴木隆広・飛田篤志・紙谷文貴・吉村秀雄 50-52
北海道の硝酸性窒素による地下水汚染の潜在的要因 丸谷 薫・高清水康博・高橋 良 53-54
堆積層解析による透水異方性・不均一性ダイナミクス:北海道の更新統の例 高清水康博・丸谷 薫 55-59
小学校への出前授業-札幌市立平岸小学校での事例(校内巡検編)- 鈴木隆広・岡崎紀俊・柴田智郎・垣原康之・野呂田晋・高清水康博・廣瀬 亘・高橋 良・石丸 聡・村山泰司・荻野 激・佐藤達也 60-61
小学校への出前授業-札幌市立平岸小学校での事例(校内学習編)- 鈴木隆広・岡崎紀俊・柴田智郎・垣原康之・野呂田晋・高清水康博・廣瀬 亘・高橋 良・石丸 聡・村山泰司・荻野 激・佐藤達也 62-63
寒冷地向け海洋環境モニタリングブイの開発試験 木戸和男・日油技研工業(株) 64
表層流把握のための漂流ブイの開発 濱田誠一・木戸和男 65

先頭に戻る

平成20年(2008)

口頭発表
内  容 著 者
温泉資源の多目的利活用に向けた複合解析研究 鈴木隆広・秋田藤夫・高橋徹哉・柴田智郎・高見雅三・藤本和徳・小澤 聡・内野栄治・青柳直樹・佐藤郁夫 6-9
有珠山西山地区における温泉開発可能性 田村 慎・高橋徹哉・秋田藤夫・岡崎紀俊・柴田智郎・荻野 激・鈴木隆広・茂木 透・橋本武志 10-13
洞爺湖の湖底は何を語るか
-見えない部分を音波でさぐる-
内田康人 14-18
幌別硫黄鉱山における坑廃水対策調査:洞爺湖の水質保全を目指して 遠藤祐司・荻野 激・高橋 良 19-21
洞爺湖東方の変質帯地域における岩石中の重金属含有量及びその溶出特性
-自然由来汚染建設残土の発生量予測のために-
垣原康之・高橋 良・遠藤祐司・八幡正弘・野呂田晋・駒井 武・原 淳子・川辺能成・丸茂克美 22-24
噴火湾における堆積物の特性と底質環境 仁科健二・菅 和哉・宮園 章・奥村裕弥 25-28
石狩湾岸地域の地下水モニタリング 深見浩司・高清水康博 29-32
ポスター発表
内  容 著 者
5万分の1 地質図幅「立牛」(網走22号)の刊行 岡 孝雄・田近 淳 34-37
国土の利活用に向けた地質資料の編纂と電子化の取り組み
-上川支庁管内の地質と地下資源Ⅰ 上川地方南部-
川上源太郎・廣瀬 亘・大津 直・鈴木隆広・小澤 聡・田近 淳・上川支庁産業振興部調整課 38-40
道内における未利用砕石資源の分布
(北海道の砕石資源Ⅲ-北海道北東部地域-)
垣原康之 41-42
活断層の活動特性に関する研究:北海道活断層図「問寒別断層帯および幌延断層帯」 大津 直・廣瀬 亘・川上源太郎・田近 淳・岡 孝雄 43-45
オーバーハング斜面で生じる岩盤崩落 石丸 聡・高見雅三・田村 慎・岡崎紀俊 46-49
2007年5月3日に登別温泉大正地獄で発生した「泥混じり熱水噴出」 鈴木隆広・ 岡崎紀俊・柴田智郎・村山泰司・石丸 聡・札幌管区気象台・登別市役所 50-53
函館市および周辺地域における温泉資源の適正管理に関する研究
-熱水系の温度勾配-
柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・大津 直・秋田藤夫 54-55
礼文島の温泉開発ボーリングへの技術支援 高橋徹哉・高清水康博・田近 淳 56-59
釧路湿原周辺に分布する湧水の水理地質解析 丸谷 薫・高清水康博 60-63
堆積学的解析と室内透水性試験による帯水層評価の試み 高清水康博 64-69
人工湿地を用いた酸性廃水処理システムの長期耐久性 荻野 激・遠藤祐司・高橋 良 70-73
沖積層の層序と古環境から読みとれる勇払低地(石狩低地帯南部)の形成過程 嵯峨山積・荒川忠宏・亀山聖二・佐々木宏志 74-77
北海道沿岸域の地質・底質環境-大樹海域・庶野海域- 菅 和哉・内田康人・嵯峨山積・仁科健二 78-80
地中レーダーによる海跡湖の新たな堆積構造探査の可能性 内田康人・高見雅三 81-83

先頭に戻る

平成19年(2007)

口頭発表
内  容 著 者
羊蹄火山の過去1万年における活動履歴 廣瀬 亘・大津 直・川上源太郎 4-5
豪雨による山地災害実体の解明と流域保全技術の開発
-2003年日高豪雨災害被災地を対象に-
石丸 聡・川上源太郎・田近 淳・大津 直・佐藤 創・菅野正人・長坂晶子・対馬俊之・阿部友幸・山田健四 6-9
2006年3月21日に小噴火した雌阿寒岳の観測報告 岡崎紀俊・廣瀬 亘・村山泰司・雌阿寒岳調査班 10
石油天然ガス鉱床の火山岩貯留石における変質作用の役割に関する研究 八幡正弘 11
洞爺湖東方、長流川流域における岩石中に含まれる有害元素の分布とその溶出量 垣原康之・八幡正弘・遠藤祐司・駒井 武・原 淳子 12
GIS及びWeb-GISを用いた地質(災害)情報の整備と活用促進の試み 小澤 聡・鈴木隆広・岡崎紀俊・廣瀬 亘・濱田誠一・仁科健二・高橋 良 13-14
日高沖海域洪水堆積物調査の成果 嵯峨山積・菅 和哉・池原 研・片山 肇・入野智久・辻野 匠・井上卓彦・大村亜希子 15-16
小樽沖の植物プランクトン量の季節変動 大澤賢人・木戸和男・檜垣直幸 17-18
ナホトカ号事故後の漂着油残留年数と海岸の礫形との関連 濱田誠一・沢野伸浩 19
豊富温泉における温泉資源量評価に関する研究 高橋徹哉・柴田智郎・鈴木隆広・藤本和徳 201-21
湧水地周辺の自然環境に関わる調査研究-水理地質解析- 丸谷 薫・高清水康博 22-25
酸性水流入河川における砒素の動態
-自然の力を利用した砒素除去システムの確立を目指して-
遠藤祐司・荻野 激・高橋 良 26-28
ポスター発表
内  容 著 者
地理情報システムを用いた温泉情報の多面的解析 鈴木隆広・秋田藤夫・藤本和徳・高橋徹哉・柴田智郎・小澤 聡・高見雅三・内野栄治・青柳直樹・佐藤郁夫 30-31
地形から見た有珠山北西山麓の土地条件図 田近 淳・八幡正弘・大津 直・内田康人・廣瀬 亘・野呂田晋・鈴木隆広・石丸 聡 32-33
有珠山の地殻変動予測に関する研究 岡崎紀俊・大津 直・廣瀬 亘・石丸 聡・田村 慎・川上源太郎・田近 淳・高橋浩晃・橋本武志・茂木 透・笠原 稔 34-35
北海道の活火山GPS火山観測システムの実用化研究 高見雅三・田村 慎・石丸 聡・岡崎紀俊・増成友宏・田中清治・武地美明・大久保広樹 36-37
北海道北部、問寒別断層帯の最新活動時期 大津 直・田近 淳・新谷加代・山本和哉・宮脇明子・宮脇理一郎・高橋浩晃・笠原 稔 38-39
下サロベツ原野(幌延町)の電気探査による浅部地下構造 田村 慎・大津 直・岡 孝雄・川上源太郎・廣瀬 亘・石丸 聡・秋田藤夫・酒井利彰 40-41
豪雨による山地災害実体の解明と流域保全技術の開発-2003年日高豪雨災害被災地を対象に- 石丸 聡・川上源太郎・田近 淳・大津 直・佐藤 創・菅野正人・長坂晶子・対馬俊之・阿部友幸・山田健四 42-45
函館市及び周辺地域における温泉資源の適正管理に関する研究(中間報告) 柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・大津 直 46-47
北海道胆振海岸東部から確認された17 世紀の津波堆積物 高清水康博・嵯峨山積・仁科健二・岡 孝雄 48-51
地層中に含まれる砒素や重金属の存在形態と溶出特性 高橋 良・原 淳子・駒井 武 52-53
北海道沿岸域の地質・底質環境-4-(オホーツク・根室海峡海域) 菅 和哉・嵯峨山積・仁科健二・村山泰司・内田健人 54-56
小樽市祝津沖で観測された急潮 木戸和男・中村哲也・檜垣直幸 57
石狩浜の海岸植生衰退をもたらす要因-海岸植物と砂の移動量との関係- 島村崇志・宮木雅美・濱田誠一・西川洋子 58

先頭に戻る

平成18年(2006)

口頭発表
内  容 著 者
2006年3月21日に発生した雌阿寒岳の噴火調査 地質研究所(岡崎紀俊・石丸 聡・廣瀬 亘・田近 淳・村山泰司・田村 慎・秋田藤夫・柴田智郎・岡 孝雄・野沢潤三・鈴木隆広・垣原康之)北海道大学(笠原 実・高橋浩晃・一柳昌義・山口照寛・中川光弘・長谷川健・藤原伸也) 1-4
根室海峡付近の海底地形と底質
-沿岸海域地質環境基礎調査-
菅 和哉・仁科健二・嵯峨山積・村山泰司・内田康人 5-6
沿岸定点観測データの即時的利用の試み
-「海の気象台」計画から-
木戸和男・川尻孝朗・小笠原和重 7-8
干潟域における物理環境特性について
-浜中町火散布沼の観測より-
檜垣直幸・門谷 茂・柴沼成一郎・山田俊郎・濱田明美 9-10
地形地質踏査・地中レーダー探査・トレンチ調査から探る有珠山麓火山性断層 大津 直・廣瀬 亘・田村 慎・岡崎紀俊・石丸 聡・川上源太郎・田近 淳 11-14
岩盤崩落のメカニズムと危険度評価に関する研究 石丸 聡・高見雅三・田村 慎・田近 淳 15-18
火山ガラス質資源に関する研究 八幡正弘・垣原康之 19-20
土壌地質環境評価に関する研究-伊達鉱山地区- 垣原康之・野呂田晋・八幡正弘・遠藤祐司 21-22
函館市及び周辺地域における温泉資源の適正管理に関する研究(第1年次) 柴田智郎・高橋徹哉・藤本和徳・岡崎紀俊・大津 直 23-24
堆積学的解析による平野の帯水層評価手法に関する基礎研究 高清水康博・岡 孝雄 25-26
建設発生土に含まれるヒ素などの有害物質の評価方法 野呂田晋・八幡正弘・遠藤祐司 27-28
ポスター発表
内  容 著 者
自然災害履歴デジタル地図及びデータベース構築に関する研究(火山噴火) 小澤 聡・鈴木隆広・岡崎紀俊・廣瀬 亘・仁科健二・南 慎一・高橋章弘・竹内慎一・戸松 誠 P1-2
北海道の砕石資源-北海道中央部- 垣原康之 P3-4
硝酸性窒素による地下水汚染の水理地質的解明(その1) 丸谷 薫・高橋 良・高清水康博 P5-6
人工湿地処理に向けた酸性廃水の簡易中和実験 荻野 激・遠藤祐司・高橋 良 P7-8
2003年台風10号による日高地方里平地区の崩壊地形の特徴-航空レーザー測量を用いた解析- 石丸 聡・川上源太郎・田近 淳・大津 直・佐藤 創・対馬俊之・阿部友幸・滝澤博昭 P9-12
網走支庁管内における地質資料の編纂
-網走地方西部の刊行-
川上源太郎・田近 淳・鈴木隆広・岡 孝雄・小澤 聡 P13-14
地質研ウェブサイトからの北海道海岸環境情報図の公開 濱田誠一・高田雅之・布和敖斯尓 P15-16
サロマ湖における堆積状況 仁科健二・木戸和男・内田康人 P17-18
温泉資源に関する受託研究及び依頼調査の紹介 高橋徹哉・柴田智郎・藤本和徳・鈴木隆広・秋田藤夫 P19-20
ボーリングデータ解析および花粉分析による天塩平野沖積層の研究 岡 孝雄・五十嵐八枝子・林 正彦 P21-24

先頭に戻る

平成17年(2005)

口頭発表
内  容 著 者
フェリーによる海洋のモニタリング観測 木戸和男・新日本海フェリー株式会社 1-2
油汚染事故対策のための北海道海岸環境情報図について 濱田誠一 3-4
石狩川河口周辺海域における浮遊植物片の動態について
―石狩水圏好適環境創造事業海域調査―
仁科健二・村山泰司・菅 和哉・木戸和夫・檜垣直幸・大沢賢人・濱田誠一・黒沢邦彦 5
北海道の活断層調査の成果
―富良野断層帯を中心として―
大津 直・廣瀬 亘・田村 慎・岡崎紀俊・石丸 聡・川上源太郎・田近 淳・岡 孝雄 6-8
北海道の火山の観測と研究
―有珠山を中心とした取り組み―
岡崎紀俊・石丸 聡・田村 慎・大津 直・川上源太郎・廣瀬 亘・田近 淳・柴田智郎・荻野 激・村山泰司・高見雅三・秋田藤夫 9-10
北海道における岩石鉱物資源の利用に関する研究 八幡正弘 11
北海道における地熱・温泉資源の適正開発利用と資源保護に向けて―札幌市及び周辺地域における温泉資源の適正管理に関する研究- 高橋徹哉・柴田智郎 12
地下水の開発・利用・保全に関する研究
(1)千歳・恵庭地区の地下水
丸谷 薫・深見浩司・高清水康博 13
地下水の開発・利用・保全に関する研究
(2)硝酸性窒素等による地下水汚染
丸谷 薫・高清水康博 深見浩司 14
自然由来の汚染と自然の力を利用した浄化及び地下環境の保全 遠藤祐司・荻野 激・野呂田晋 15-16
ポスター発表
内  容 著 者
網走支庁管内5万分の1地質図の編纂―農業農村整備事業関連地質地下資源調査― 田近 淳・鈴木隆広・大津 直・廣瀬 亘・川上源太郎・小澤 聡・丸谷 薫・岡 孝雄 P1-2
十勝平野断層帯の活断層図と調査報告書の取りまとめ 廣瀬 亘・大津 直・田近 淳・高見雅三・田村 慎・石丸 聡・垣原康之・野呂田晋・高清水康博 P3-4
北海道中央部、富良野断層帯の構造 大津 直・廣瀬 亘・田村 慎・岡崎紀俊・石丸 聡・川上源太郎・垣原康之・小澤 聡・田近 淳・岡 孝雄 P5-9
流体資源ボーリングデータ・地震探査結果による札幌市中心部とその北西地域の地下地質構造の解明―札幌における活断層の存否と地震問題― 岡 孝雄 P10-11
2004年12月14日留萌支庁南部で発生した地震の現地調査報告 田村 慎・川上源太郎・鈴木隆広・岡崎紀俊 ・岡 孝雄・柴田智郎 P12
亀裂開口幅の変位から見た岩盤崩落発生時期の検討 石丸 聡・高見雅三・田村 慎 P13
砕石資源分布図―北海道南西部地域― 垣原康之・八幡正弘 P14
北海道における火山ガラス質資源(中間報告) 八幡正弘・垣原康之 P15
坑井障害に関する研究 高橋徹哉・鈴木隆広・藤本和徳 P16
堆積学的解析による平野の帯水層評価手法に関する基礎研究 高清水康博・岡 孝雄 P17
ズリ堆積場におけるヒ素含有酸性水の生成機構 遠藤祐司・荻野 激・野呂田晋 P18

先頭に戻る

ページのトップへ