技術支援

設備使用の手続きについて

地質研究所では、道民生活の向上及び道内産業の振興のため、試験機器等の設備(以下「設備」という。)をお貸しいたします。設備の貸し出しを希望される場合は、下記「手続きの流れ」にしたがって、お申し込みください。

注意事項

1)道内に住所を有しない方(法人又は団体にあっては、道内に事務所又は事業所を有しない場合)については、法人の諸料金規程に基づき、料金表の2倍の料金になります。

2)原則、納入された料金は返還いたしません。

3)設備の使用に際しては、担当職員の指示に従うとともに、異常に気づいたときは速やかに連絡してください。また、使用時の事故による補償は行いませんので、安全管理に努めてください。

4)利用者が、滅失し又は損傷したときは、本人又は事業主に賠償責任が生じる場合があります。

手続きの流れ

1.事前相談 〔依頼者⇔地質研究所〕
使用したい設備について、まず当所まで希望使用期間、使用目的等をご連絡ください。スケジュール調整を行い、使用の可否と使用料、使用可能な期間についてお知らせしますので、その条件での利用を希望されるか否かご検討ください。
なお、担当職員の不在などにより回答に日時を要する場合がありますので、余裕をもってご相談ください。
2.設備使用申込書提出 〔依頼者→地質研究所〕
申込書に必要事項を記載の上、地質研究所へ提出してください。
◆申込書〔PDF形式:76KB〕◆申込書〔MS-Word形式:44KB〕
3.設備使用の許諾 〔地質研究所→依頼者〕
使用を認める場合、お知らせします。
4.振込依頼書の送付 〔道総研本部→依頼者(以下「利用者」という)〕
5.使用料納入 〔利用者→金融機関等〕
設備使用後の使用料納入が可能な場合もありますので、希望される場合は申込み時にご相談ください。
6.設備貸出 〔地質研究所→利用者〕
使用方法を説明します
7.設備返還 〔利用者→地質研究所〕
8.使用後点検 〔地質研究所〕

申し込み先・お問い合わせ先
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 地質研究所 地域地質部地質情報グループ
〒060-0819 札幌市北区北19条西12丁目 TEL:011-747-2432 FAX:011-700-5033
E-mail:gsh-setsubi@ml.hro.or.jp(@を半角に変えて送信してください)

設備及び使用料

項  目 使用料の額
1日につき 1日を超えるときは、その超える日数1日につき
1.地下検層機(小口径カメラシステム) 12,920円 3,200円
2.フルウェーブ/補償ソニックプローブ 12,880円 3,160円
3.電気探査装置 12,320円 2,600円
4.地下構造物理探査装置 15,420円 5,700円

ページのトップへ