ホテイウオ(ごっこ):ほていうお(ごっこ)刺し網漁業

ホテイウオ(ごっこ)

漁業の情報

漁業許可等の区分 第二種共同漁業権漁業
主な操業地域 渡島総合振興局管内鹿部町から恵山岬を経て函館市の沿岸
取材地 渡島総合振興局管内函館市弁才町(旧戸井町)
漁場 水深10メートル以浅の岩場
漁具 刺し網
網地:ナイロン・モノ2.5号、目合12.1センチメートル、40目掛内縮結浮子方(うちいせあばかた)4.8割、沈子方(ちんしかた)4割
仕立て上り:浮子方72.6メートル、沈子方62.9メートル
浮子綱:ダンライン岩糸12-15号
沈子綱:ダンライン鉛芯入110グラム 
漁期 1~4月
漁船規模 1トン程度の船外機船
出荷形態 鮮魚

対象魚の情報

標準和名 ホテイウオ
英名 smooth lumpsucker
科目 カサゴ目ダンゴウオ科
学名 Aptocyclus ventricosus (Pallas)
俗名、地方名 ゴッコ
混獲魚 カレイ類、ホッケ、アイナメ
道内主産地 道南太平洋から津軽海峡沿岸を経て日本海の沿岸各地

漁業のすがた

 ホテイウオは夜行性で夕方から活発に活動するので、これに合わせて夕方に網を敷設し、翌朝に揚網するのが一般的です。水揚げすると空気を吸って膨らむので、網外しを容易にするために頭部を棒で叩き、空気抜きを行います。
 例年、漁期前半は雄が多いが2月に入ると雌の比率が高くなり、水揚げも増加します。2月中旬の盛漁期には2放しで最高60箱(850キログラム程度)が水揚げされることもありますが、平均的な水揚げは15~16箱程度です。

増殖と管理

 増殖、資源管理とも特に実施されていません。

写真で見る

漁具
  • 刺し網1:仕立て方はかれい刺し網と同じですが、糸は細くなっています。

  • 刺し網2:漁業者によっては縮結(いせ)を多くし、浮子(あば)を増やす場合もあります。

操業
  • 刺し網敷設1:漁場へは5分ほどで到着し、ゴッコの活動が活発化する前(15時頃)に網を敷設します。

  • 刺し網敷設2:刺し網2放し(約400メートル)の敷設は20分程度で終了します。

  • 揚網1:夜明け前から揚網を開始します。

  • 揚網2:漁模様によりますが、30~40分で刺し網1放しを揚網します。

  • 揚網3:この日は人力で揚網を行いましたが、ドラムを使用する方法が一般的です。

  • 網外し作業:膨らんだホテイウオを萎ませて網外しを行います。所要時間は2時間前後です。

  • 漁獲物:漁獲物は一時的に船上に集められた後、雌雄に選別されます。

  • 網の手入れ:網外し後は雑物を取り除き、破損箇所を補修します。

出荷
  • 出荷:魚箱は軽トラックに積まれ、漁協の荷捌き所へ運搬され出荷されます。

協力:渡島総合振興局管内/戸井漁業協同組合 東戸井支所(旧 東戸井漁業協同組合)
取材:渡島南部地区水産技術普及指導所(現 渡島中部地区水産技術普及指導所)

最終更新日:2013年03月01日

ページのトップへ