マコガレイ:ほっけ・かれい底建網漁業

ホッケ

漁業の情報

漁業許可等の区分 第二種共同漁業権漁業
主な操業地域 渡島総合振興局管内津軽海峡沿岸
取材地 渡島総合振興局管内知内町
漁場 水深15~30メートルの砂地
漁具 底建網
漁期 4~12月
漁船規模 5トン未満
出荷形態 活魚、鮮魚

対象魚の情報

標準和名 マコガレイ
英名 Marbled sole
科目 カレイ目カレイ科
学名 Pseudopleuronectes yokohamae Gunther
俗名、地方名 マガレイ、クロガシラ
混獲魚 ヒラメ、ソイ類、タコ類など
道内主産地 木古内湾から函館湾の北海道南部津軽海峡沿岸

漁業のすがた

ほっけ・かれい底建網漁業は海底に網を固定して行う漁業で、 垣網と溜まりの部分があり、魚が垣網に誘導され溜まりの部分に入り出られなくなります。
春先はホッケが多く漁獲されますが、その後はマコガレイが主に漁獲されるようになります。 一部鮮魚で出荷されますが、ほとんどが活魚で出荷されます。

増殖と管理

ほっけ・かれい底建網漁業で漁獲される魚は、すべて生きているので小型の魚は海へ戻しています。 また、マコガレイは全長20cm未満のものを漁獲しないように漁業協定が結ばれています。

写真で見る

漁具
  • 漁具:底建網。海底に垣網と溜まり網を固定し、定期的に溜まりの部分だけを揚げ漁獲します。

漁獲
  • 揚網1:溜(た)まりの部分をドラムで巻き上げます。

  • 揚網2:溜まり網が水面まで揚がると、今度は手で網を揚げます。

  • 魚すくい:網の魚をたもですくい、船に揚げます。

  • 船上選別:小さい魚は海に戻し、大きい魚だけを選別します。

  • 生け簀(す)1:船の生け簀に獲れた魚を入れ、活かして港まで運びます。

  • 生け簀2:生け簀の中に入れられた漁獲物。

  • 取り上げ:魚を生け簀(す)から籠に入れ替え荷捌所に運びます。

選別・出荷
  • 選別:水槽の中で魚の種類や大きさにより選別します。

  • 鮮魚出荷1:小さなサイズのマコガレイは鮮魚として出荷されます。

  • 鮮魚出荷2:鮮魚は発泡スチロールに詰め出荷されます。

  • 鮮魚出荷3:マコガレイの他ホッケ、カナガシラ、アンコウ、カワハギ等が鮮魚として出荷されます。

活魚
  • 活魚蓄養:活魚向けのマコガレイは出荷まで一時、蓄養されます。

  • 活魚選別:活魚は出荷を前にサイズ別に選別されます。

  • 活魚出荷:活魚はサイズ別に計量された後、活魚業者に渡され専用のトラックで運ばれます。

協力:渡島総合振興局管内/上磯郡漁業協同組合 知内中ノ川支所(旧 知内漁業協同組合)
取材:渡島中部地区水産技術普及指導所

最終更新日:2013年03月01日

ページのトップへ