設備使用について

設備使用について

道総研中央水産試験場、釧路水産試験場、網走水産試験場では、企業・団体等の皆様の技術開発。製品開発などを支援するため、所有する試験設備や機器の一部を有料で開放しています。研究開発段階で、「試作品を作りたい」、「性能を測定したい」、「性質を調べたい」などの際にご利用下さい。
(平成28年4月1日料金改正)

【留意事項】
  • 道内に住所を有しない方(法人又は団体にあっては、道内に事務所又は事業を有しない場合)については、設備使用料が2倍になります。
  • 依頼には規定に定められた使用料を負担していただきます。
  • 研究・開発を支援する制度ですので、販売及び無償譲渡目的の製品・商品を製造するためには使用できませんのでご注意ください。

※ご利用に当たりましては、はじめに各水産試験場加工利用部に電話でお問い合わせください。

各水産試験場のホームページは以下のとおりです。

中央水産試験場

ホームページ
設備使用のページ

釧路水産試験場

ホームページ
設備使用のページ

網走水産試験場

ホームページ
設備使用のページ

最終更新日:2016年04月01日

ページのトップへ