担当エリア

中央水産試験場担当エリア

中央水産試験場は、石狩・後志海域を担当エリアとし、その主要課題として、磯焼けやスケトウダラ・カレイ類などの資源管理に関する調査研究、ヒラメやニシンの放流技術開発に関する調査研究などに取り組んでいます。
また、水産加工利用における調査研究・指導は、留萌~胆振管内(留萌・石狩・後志・檜山・渡島・胆振)を担当エリアとしています。
    • エリア図

ページのトップへ