ホッケ

 *写真は北海道新聞社発行 漁業生物図鑑「新北のさかなたち」から転載

ホッケ(道央日本海~道南太平洋海域)生態

    • ホッケ

分布・回遊

石狩以南から本州北部日本海、噴火湾から本州北部太平洋で、この海域の中での相互移動が確認されています。
成長に伴い表層生活から底生生活に移行します。

産卵期・産卵場等

  • 産卵期:11月~12月
  • 産卵場:積丹半島西岸から渡島半島西岸にかけての本道沿岸及び奥尻島沿岸の岩礁域
  • 産卵生態:岩礁の窪みに卵を数回に分けて産みつけて、ふ化までオスが保護します

主な漁業と漁期

  • 漁業:沖合底びき網、刺し網、定置網、底建網、まき網、釣り
  • 漁期:ほぼ周年漁獲される。盛漁期は4月~6月と11月~12月

お問い合わせ先

調査研究部 管理増殖グループ

  • 住所:〒040-0051 北海道函館市弁天町20番5号 函館市国際水産・海洋総合研究センター内
  • 電話番号: 0138-83-2893

ページのトップへ