道東センター

 道東地域におけるさけます増殖・資源管理と調査研究

道東センター

北海道の道東地域(網走・根室・釧路・十勝管内)を担当エリアとし、さけ・ますの増殖や資源の管理とそれに関わる種々の調査研究を行っています。 

主な業務内容

道東支場の担当エリア図
各担当地域において、民間ふ化場への技術支援、増殖事業の進行状況の把握、さけ・ますの年齢査定(斜里川・網走川・常呂川・湧別川・標津川・当幌川・西別川・釧路川・十勝川・広尾川)、放流計画策定の支援、種卵需給調整の支援等に取組んでいます。
根室南部サケ回帰率向上試験(2艘曳きと地引き網による稚魚採集、回帰親魚からの耳石採取)
    • 根室南部サケ回帰率向上試験(2艘曳きと地引き網による稚魚採集、回帰親魚からの耳石採取)
    • 根室南部サケ回帰率向上試験(2艘曳きと地引き網による稚魚採集、回帰親魚からの耳石採取)
    • 根室南部サケ回帰率向上試験(2艘曳きと地引き網による稚魚採集、回帰親魚からの耳石採取)
    • 根室南部サケ回帰率向上試験(2艘曳きと地引き網による稚魚採集、回帰親魚からの耳石採取)
羅臼町植別川に回帰した野生サケの調査
    • 羅臼町植別川に回帰した野生サケの調査
カラフトマス放流効果評価試験(当幌川に回帰した親魚)
    • カラフトマス放流効果評価試験(当幌川に回帰した親魚)
調査研究では、社団法人根室管内さけ・ます増殖事業協会の受託事業として「根室南部サケ回帰率向上試験」を本場・北海道大学・さけますセンター・北海道区水産研究所からなるプロジェクト体制で調査を行っています。また、平成23年度から「根室海区におけるカラフトマスの回帰特性」と「サケ自然再生産資源の評価に関する研究」が始まり、カラフトマス資源の造成・管理と野生サケの実態解明をめざします。

担当 主な調査研究課題
道東センター
  1. 根室南部サケ回帰率向上試験(H19-26 プロジェクト体制)
  2. さけの自然再生産効果に関する研究(H16-22)
  3. サケ稚魚海中飼育放流効果の検証(H18-23)
さけます資源部との連携業務
  1. さけます増殖事業の高度化効率化試験(H18-22)
  2. さけます増殖事業安定化対策調査(恒常業務)
  3. 保護水面管理事業調査(恒常業務)
内水面資源部との連携業務
  1. サケ疾病対策技術開発研究(H22-24)
  2. 風蓮湖漁場環境改善試験(H22-)

お問い合わせ先

道東センター

  • 住所:〒086-1164 中標津郡中標津町丸山3-1-10
  • 電話番号: 0153-72-6141
  • ファックス番号:0153-72-5188

ページのトップへ