内水面関連業務

令和2年度(2020年度) 内水面関連 調査・研究実施計画

ナンバー 1
研究制度名 職員研究奨励
区分 新規
実施期間 2020年度
研究課題名(事業名) ニジマス養殖技術の向上に向けた基盤研究
内容 外国人観光客を視野に付加価値の高い魚介類の一つと思われるアルビノニジマスについて、養殖展開に向けた成長ならびに繁殖能力、行動特性等を調べる。
ナンバー 2
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 2015年度~
研究課題名(事業名) 内水面漁業養殖業の統計と漁業生物の資源生態・環境調査研究
内容 北海道内の内水面漁業と養殖業の漁獲・生産資料を収集し、統計資料として蓄積を図り、漁業の実態を把握する。また、河川湖沼の漁業資源の維持のために、資源動向の把握と漁業対象種の生物学資料の収集および生息環境のモニタリング調査を実施し、内水面漁業の振興を図る。
ナンバー 3
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 2015年度~
研究課題名(事業名) 持続的な増殖事業を推進するためのサケ科魚類遡上親魚の病原体サーベイランス
内容 北海道の持続的なさけます増殖事業の推進のために、サケやサクラマス遡上親魚について、多大な被害をもたらす可能性が高い疾病や北海道における未侵入疾病の病原体保有状況を把握するとともに、病魚の検査を適時行い、その結果を踏まえて親魚から稚魚への感染を防ぐためのより有効な防疫対策を構築する。
ナンバー 4
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 北海道の動物性タンパク質源を活用したチョウザメ養殖用高性能低魚粉飼料の開発
内容 道内から産出されるタンパク質源を積極的に活用し、養殖チョウザメの成長など飼育成績や魚肉の品質までを総合的に評価し、高性能の低魚粉飼料を開発する。
ナンバー 5
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 2000年度~
研究課題名(事業名) 栽培漁業技術開発調査 -ヒラメおよびマツカワウイルス性神経壊死症対策-
内容 ヒラメおよびマツカワのウイルス性神経壊死症(VNN)は今後も発生する可能性があるため,VNNに対する適切な診断,検査方法を開発するとともに,ウイルス保有魚を極力排除することにより防疫対策の確立に資する。
ナンバー 6
研究制度名 経常研究
区分 新規
実施期間 2020~22年度
研究課題名(事業名) 道内の養殖サケマス類に発生する変異型ウイルス性疾病の実態解明と防疫対策に関する研究
内容 道内養殖場における変異型ウイルス性疾病の実態を解明するとともに、本疾病の新たな予防技術を開発する。
ナンバー 7
研究制度名 経常研究
区分 新規
実施期間 2020~22年度
研究課題名(事業名) 環境DNAを用いたヤマトシジミ資源量推定に向けた基礎的研究
内容 網走湖のシジミ資源量推定に向けて、環境DNA分析手法が利用可能かを検討する
ナンバー 8
研究制度名 道受託研究
区分 継続
実施期間 1990年度~
研究課題名(事業名) 魚類防疫対策調査検査業務(旧 魚類防疫対策事業)
内容 持続的な増養殖生産を確保するため、防疫対策を実施し病害の防除に努めるとともに、安全な水産物を提供するために水産用医薬品の適正使用を指導する。
ナンバー 9
研究制度名 一般共同研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 天塩川水系パンケ沼におけるヤマトシジミの人工種苗による資源回復対策研究 Ⅱ
内容 パンケ沼でのシジミ資源の回復を目的として、覆砂区のより効果的な活用や採算性を考慮した種苗生産施設等の検討に資するために、種苗試験と環境調査を前課題から継続実施する。
ナンバー 10
研究制度名 一般共同研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 新たな生物ろ過を用いたサケ科魚類の閉鎖式循環飼育技術の開発 Ⅱ
内容 本研究では前課題で選定した材料からなるろ過器材を用いてサケ科魚類を閉鎖式循環水槽で飼育し、生物ろ過が最も効果的に働く条件と、その際に魚の生育に与える影響を魚病などを含めて明らかにし、飼育魚の最大成長を促す飼育条件を解明する。また、平成27(2015) 年度から実施した前課題に引き続き、飼育現場により適した条件の探索を行う。
ナンバー 11
研究制度名 一般共同研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 農作物残渣およびDHA藻類を活用したマス類の低魚粉魚油飼料開発
内容 マス類に対する抗栄養因子を低減した農作物残渣およびDHAを豊富に含む微細藻類(DHA藻類)の餌料価値を明らかにする。
ナンバー 12
研究制度名 公募型研究
区分 継続
実施期間 2018~22年度
研究課題名(事業名) ワカサギ資源回復のための放流種苗用餌料と資源推定手法の開発(大課題名:鰻生産安定化事業/環境収容力推定手法開発事業)
内容 ワカサギ人工種苗の生残を高めるための放流仔魚の初期餌料と、簡易普及型魚群探知機によるワカサギの資源推定手法を開発する。
ナンバー 13
研究制度名 公募型研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 腸管鞭毛虫の寄生が放流用シロザケ稚魚に及ぼす病害性の解明及びその防除技術開発
内容 サケ科魚類の腸管鞭毛虫症は、原因となる原虫が宿主の腸に寄生し、死亡率増加等の病害性を宿主に及ぼす。研究代表者らは、放流用サケ稚魚に腸管鞭毛虫が大量に寄生することを初めて発見した。本研究は、道内におけるサケ腸管鞭毛虫症の実態解明、原因虫の病害性と感染経路の解明、原因虫の防除技術開発を目的とする。
ナンバー 14
研究制度名 公募型研究
区分 継続
実施期間 2019~20年度
研究課題名(事業名) 体表粘液に着目したプロテオーム解析によるサクラマス種苗の感染症早期診断技術の開発
内容 病原体検出に依存せず、宿主の健康状をモニタリングすることで感染症の発症を予測する技術の開発を目指し、病原体が宿主に最初に接触する体表粘液を対象とした感染症早期診断技術を開発する。
ナンバー 15
研究制度名 公募型研究
区分 継続
実施期間 2019~23年度
研究課題名(事業名) サーモン養殖のための優れた系統の作出(大課題名:養殖業成長産業化技術開発/サーモン養殖推進新技術開発事業)
内容 北海道及び東北におけるサクラマス養殖系統や天然集団を交配し、養殖用優良系統の始祖となる選抜基礎集団を作出する。また、成長と遺伝的な特徴から選抜育種を行う上での基礎的な遺伝情報を収集する。
ナンバー 16
研究制度名 公募型研究
区分 新規
実施期間 2020~23年度
研究課題名(事業名) 食品製造残渣及び水産系廃棄物を活用した養殖サーモン成魚用の低コスト飼料の開発
内容 農業系廃棄物であるジャガイモデンプン廃液由来の飼料タンパクや水産系廃棄物(サーモン残渣オイル、ホタテ未利用資源、タコゴロエキス)を養魚飼料原料として活用し、養殖サーモン成魚用の低コスト飼料を開発する。さらに養殖魚の飼育成績だけではなく、肉質も加味して開発品のユーザー拡大を図る。
ナンバー 17
研究制度名 公募型研究
区分 新規
実施期間 2020年度
研究課題名(事業名) マツカワから分離した大量死をもたらす可能性のある未知の濾過性病原体に関する研究
内容 マツカワから分離された未知の濾過性微生物への対策を立てるために必要な基礎的な知見を得ることを目的とする。
ナンバー 18
研究制度名 受託研究
区分 継続
実施期間 2018~20年度
研究課題名(事業名) 北海道資源生態調査総合事業業務委託 鵡川シシャモ遡上量調査 Ⅱ
内容 鵡川における親魚遡上調査を継続し、遡上日数の把握や生物測定等から、遡上生態を明らかにする。
ナンバー 19
研究制度名 受託研究
区分 継続
実施期間 2018~22年度
研究課題名(事業名) さけ・ます等栽培対象資源対策事業
内容 近年のサケの来遊不振に対し、種苗性の高い稚魚を生産する手法開発や、放流した稚魚の分布や生き残りと海洋環境の関係を検証し、効果的な稚魚の育成手法および放流手法を検討する。
ナンバー 20
研究制度名 受託研究
区分 継続
実施期間 2010年度~
研究課題名(事業名) 秋サケ資源低迷の原因を解明するためのモニタリング調査
内容 近年サケ資源が低位で推移している地区において、資源変動の解析に必要な生物情報や海洋環境に関するモニタリング調査を実施し、サケの資源変動に関与する要因を抽出する。


お問い合わせ先

内水面資源部

  • 住所:〒061-1433 恵庭市北柏木町3丁目373番地
  • 電話番号: 0123-32-2135
  • ファックス番号:0123-34-7233

ページのトップへ