内水面関連業務

平成25年度 内水面関連 調査・研究実施計画

ナンバー 1
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成24年から平成26年まで
研究課題名(事業名) 新たな湖沼漁業の管理を目指した生物間相互作用の解明
内容 湖沼における食物網に関与する生物や物質の炭素・窒素安定同位体比等の調査分析により、漁業権魚種を主とした生物間相互作用を解明する。
ナンバー 2
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成19年から
研究課題名(事業名) 内水面水産業の動向及び研究資源探索
内容 道内の内水面漁業と養殖業の漁獲・生産資料を収集・蓄積して、経年変動傾向を解析し、より実態に即した漁業者・養殖業者への技術指導を実施する。
ナンバー 3
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成24年から平成26年まで
研究課題名(事業名) ヤマトシジミ資源管理技術の開発
内容 網走湖におけるヤマトシジミの資源量、分布状況及び浮遊幼生の発生状況を把握するとともに、貧酸素・高塩分の底層水が資源に与える影響を明らかにする。
ナンバー 4
研究制度名 経常研究
区分 新規
実施期間 平成25年から平成28年まで
研究課題名(事業名) 道央・道南の湖沼における水産資源と生息環境のモニタリング調査
内容 湖沼の漁業資源の維持のために、水産資源と生息環境のモニタリング調査を実施し、資料の蓄積を図る。
ナンバー 5
研究制度名 経常研究
区分 新規
実施期間 平成25年から平成27年まで
研究課題名(事業名) さけます類の細菌性疾病における卵内感染の実態解明および防除方法の検討
内容 道内の施設における細菌性腎臓病及び冷水病の卵内感染の実態について明らかにするとともに細菌性腎臓病については卵内感染を実験的に再現し、その感染成立条件から防除方法を開発する。
ナンバー 6
研究制度名 受託研究
区分 新規
実施期間 平成25年
研究課題名(事業名) ハーブを活用したサケ稚魚の原虫病予防技術開発に向けた基礎研究
内容 サケ稚魚の原虫病予防技術の開発と普及のためにその基礎となる知見を得ることを目的として、ハーブを活用した原虫病予防技術の検索、イクチオボドの分類と発生源検索、道内各地の原虫病の実態解明を行う。
ナンバー 7
研究制度名 受託研究
区分 新規
実施期間 平成24年から平成26年まで
研究課題名(事業名) 東北地方高回帰性サケ創出プロジェクト
内容 閉鎖循環式で低水温・良水質をコントロールできる環境負荷の少ないサクラマス用環境負荷軽減型閉鎖循環式陸上養殖設備を実用化する技術開発を行う。さらに、ハーブ含有餌料の給餌により魚病の発症を抑制し、流水飼育により成長を促進させる等、サクラマスの飼育に関する試験研究を行う。
ナンバー 8
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成23年から平成25年まで
研究課題名(事業名) 北海道に生息するアユの起源と再生産特性に関する研究
内容 北海道の河川に生息するアユの分布や成長等の生態、起源及び成熟に関する情報を収集する。
ナンバー 9
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成23年から平成25年まで
研究課題名(事業名) 五稜郭壕に生息するブルーギルの釣獲による生息数抑制体制構築のための資料収集とモニタリング方法の開発
内容 釣獲による生息数抑制を実施する地元体制の構築を支援するため、釣獲努力投入量と抑制効果に関するデータを収集する。
ナンバー 10
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成23年から平成25年まで
研究課題名(事業名) 網走湖及び阿寒湖における水産資源のモニタリングと阿寒湖におけるワカサギ資源量評価のための漁期前調査方法の開発
内容 網走湖におけるヤマトシジミ、ワカサギ、シラウオの資源モニタリングを行うとともに、阿寒湖のワカサギ資源量評価に関するより高い精度の漁期前調査手法への見直しを行う。また、その他湖沼における漁業情報を収集する。
ナンバー 11
研究制度名 経常研究
区分 継続
実施期間 平成23年から平成26年まで
研究課題名(事業名) 外来サケ科魚類の管理手法検討のための生態調査
内容 外来サケ科魚類(ブラウントラウト、カワマス、ニジマス)の生態的データを収集し、外来サケ科魚類が在来生態系やサケマス増殖事業に与えるリスク要因の抽出を行う。
ナンバー 12
研究制度名 道受託研究
区分 継続
実施期間 平成2年から
研究課題名(事業名) 魚類防疫対策調査検査業務(旧魚類防疫対策事業)
内容 持続的な増養殖生産を確保するため、防疫対策を実施し病害の防除に努めるとともに、安全な水産物を提供するために水産用医薬品の適正使用を指導する。
ナンバー 13
研究制度名 受託研究
区分 新規
実施期間 平成25年から平成30年まで
研究課題名(事業名) 北海道資源生態調査総合事業業務委託(シシャモ)
内容 えりも以西海域におけるシシャモ資源を持続的に利用し、資源予測と適正な遡上親魚良量確保の方策など資源管理の技術開発等のための各種調査を行う。
ナンバー 14
研究制度名 一般共同研究
区分 継続
実施期間 平成24年から平成25年まで
研究課題名(事業名) 天塩川水系におけるヤマトシジミの寒冷地対応型増殖技術の開発
内容 これまでに確立されたヤマトシジミの増殖手法を検証し、天塩川水系の漁場環境を考慮した放流用種苗の作成技術を開発する。
ナンバー 15
研究制度名 受託研究
区分 継続
実施期間 平成24年から平成26年まで
研究課題名(事業名) 電気ショッカーボート等を用いた外来魚の根絶手法の開発(外来魚抑制管理技術高度化事業)
内容 特定外来生物に指定されているブラックバス等の生息量を正確に把握する技術を開発し、生息状況に応じた効率的駆除マニュアルの開発を行う。
ナンバー 16
研究制度名 科学研究費
区分 継続
実施期間 平成24年から平成26年まで
研究課題名(事業名) 消化管ホルモン遺伝子の発現量を健康診断へ応用したサケ稚魚の抗病性向上技術の開発
内容 消化管ホルモン遺伝子の発現量を指標としたサケ稚魚の細菌性鰓病の早期発見技術の開発及び天然植物性油脂添加餌料を用いた鰓病発症抑制技術の開発を行う。

お問い合わせ先

内水面資源部

  • 住所:〒061-1433 恵庭市北柏木町3丁目373番地
  • 電話番号: 0123-32-2135
  • ファックス番号:0123-34-7233

ページのトップへ