担当エリア

栽培水産試験場の担当エリア

  1. 栽培技術部では、栽培漁業対象種の人工種苗生産から中間育成・放流まで一貫した栽培漁業の技術開発を行う全道拠点としての役割を担っており、道内全域を担当エリアとして、試験研究を行っています。
  2. 調査研究部では、胆振・日高海域を担当エリアとして、スケトウダラ、ケガニ、シシャモなどの漁業資源に関するモニタリングや資源評価・総合管理技術等に関する調査研究などを行っています。
栽培技術部担当エリア=道内全域
調査研究部担当エリア=胆振・日高海域

    • エリア図

ページのトップへ