本文へ移動
林産試ニュース
トップ>木に関する情報>林産試だより>

林産試ニュース
●決定!コンクール審査結果発表

 7月24日(土)から好評開催中の第13回木のグランドフェアも,いよいよ最後のイベントを残すのみとなりました。先月号でお知らせしましたとおり,9月11日(土)から木と暮らしの情報館にて「第12回北海道こども木工作品コンクール 」展および 「第4回アート彫刻板作品コンクール 」展が始まっています(10月15日(金)まで)。9月中は土日も開館しておりますので,ご家族そろってご来場ください。

 最優秀賞を受賞されたのは次の皆さんです。その他の入賞作品は,http://www.fpri.hro.or.jp/ivent/grand/16grand/mokko.htmで紹介しています。

第12回北海道こども木工作品コンクール
◇木工工作団体部門
      滝上町立濁川小学校5年生
◇木工工作個人部門
      阿寒町立布伏内小学校4年生  八幡史哉
◇レリーフ作品部門
      厚沢部町立鶉中学校3年生   関野紘史
第4回アート彫刻板作品コンクール
      旭川市立神楽公民館百寿大学 谷川栄子


コンクール作品展示の様子

● 「木と暮らしの情報館 」が冬期の開館日になります

 10月1日から来年の4月30日までの冬期間においては,土・日曜日,祝日,および年末年始(12月29日~1月3日)が休館日になります。平日は開館していますので,引き続き多くの方々のご来場をお待ちしています。


● 「北海道食品産業総合展 」に参加します

 10月14日(木)~16日(土)の3日間,アクセスサッポロ(札幌市白石区)において,道産食品の販路拡大や加工技術力の向上を目指す 「第3回北海道食品産業総合展 」が開催されます。食品関係の企業・研究機関・大学などの交流を支援するための 「食品技術展 」と展示即売などが行われる 「食フェア 」を中心として,食に関する様々なイベント,セミナー等が行われます。

 林産試験場は,技術移転を促進するための 「技術成果発表会 」において,きのこ部の最近の成果を発表します。みなさんも来場して北海道の 「食 」を楽しんでみませんか。総合展の詳細は,http://www.bpsc.jp/hokkaido/index.htmlをご覧ください。


● 「木育推進プロジェクトチーム 」のメンバーに選ばれました

  「木育(もくいく) 」という言葉の意味が分かりますか?実はこれは北海道が作った新しい言葉です。子供の遊び環境や生活空間に木材を使い,その大切さを伝えることで森林と環境を考える心を育てる,という意味です。

 この 「木育 」についての政策を道民のみなさんと行政が連携 ・協力して検討する 「木育推進プロジェクトチーム 」が平成16年9月に設置され,利用部材質科の根井三貴研究職員が公募メンバーに選ばれました(平成17年3月まで)。今後,林産試験場の技術 ・知識が 「木育 」の推進に活かされることが期待できます。

 プロジェクトの概要は道知事政策部HP,http://www.pref.hokkaido.jp/tseisaku/ts-sanji/2004homepage/index.htmをご覧ください。

 
前のページへ

トップ>木に関する情報>林産試だより>