本文へ移動
林産試だより2006年7月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2006年7月

 第15回木のグランドフェアを開催します

 地球環境の保全から「木育」の目標のひとつである人間らしさの形成まで,人の生活に深く関わる「木」,この木を上手に利用することの大切さを広く道民の皆様に知ってもらうためのイベント「木のグランドフェア」を,今年も(社)北海道林産技術普及協会と共同で開催します。7月29日(土)から8月27日(日)までの期間中,「木」についての楽しいイベントを用意しています。
 オープニングイベント「木になるフェスティバル」(7月29日(土)9:30~16:00)では,マガジンラック作りや丸太のかつらむき実演,人形劇などを林産試験場を開放して行いますので,ぜひご来場ください。また期間中,木と暮らしの情報館において「第14回北海道こども木工作品コンクール」「第6回アート彫刻板作品コンクール」の作品を展示します(木工作品コンクールの募集は7月10日まで行っていますので,ふるってご応募ください)。
 フェアの詳細は林産試験場ホームページ
http://www.fpri.hro.or.jp/event/grand/default.htmをご覧ください。



昨年の木のグランドフェアの様子

 林産試験場HPに,シックハウス症候群,VOCについての特集を組みます

 林産試験場では,建物や家具等から放散する揮発性有機化合物(VOC)に起因する健康被害を減らすため,プロジェクトチームによる対策研究を進めています。研究成果の一端を広く道民の皆様に知ってもらおうと,林産試験場ホームページに「室内の空気をきれいにするために」と題して特集を組みました。今回は第1弾としてシックハウス症候群や室内空気質に関する基本的事項やVOC濃度の測定方法などについて近日中に掲載する予定です。
 さらに秋までには北海道の住宅におけるVOC事情やその対応策についての提言などを加え,全体を完成させる予定です。

 「2006サイエンス・パーク」のお知らせ

 8月9日(水)10~17時,札幌ファクトリーのホール,アトリウムにおいて,「2006サイエンス・パーク」が開催されます(主催:(独)科学技術振興機構,北海道)。道内20の試験研究機関・企業が,普段の研究の中から興味深い事象を子供たちの前で再現してみせたり,工作体験,試作品の提供などを行います。
 林産試験場は,音楽を奏でる木製玩具や「木育」がテーマのパネルなどを展示します。また,体験コーナー「北海道の木でバードコールをつくろう」では,小鳥の鳴き声が出るおもちゃを小さな木とボルトを使って作ってもらいます。
 普段なかなかできない科学体験や工作をお楽しみください。


前のページへ