本文へ移動
林産試だより2006年10月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2006年10月



 「室内の空気をきれいにするために」を更新しました

 林産試験場ホームページ「室内の空気をきれいにするために」に,「室内空気質の現状」のページを追加しました。
 人は室内で呼吸によりたくさんの空気を体内に取り入れていますが,この空気の品質「空気質」の良し悪しが健康に大きく影響すると言われています。
 最近の北海道の新築住宅内の空気質がどのようになっているか,全道各地82棟について調査した結果をまとめました。この中で,気密性など住宅の「性能値」の実測方法についても解説しています。

http://www.fpri.hro.or.jp/yomimono/VOC/index.html


 「キッズ☆りんさんし」に,「加工」「かべ紙プレゼント」のページを追加しました

 4月から公開を始めたホームページコンテンツ「キッズ☆りんさんし」は,好評をいただいています。
 このたび,大型機械による造材作業から製材,加工し,木製品となるまでの流れを絵や写真をふんだんに使って解説した「加工」のページを追加しました。また,「キッズ☆りんさんし」の人気キャラクターをデスクトップ用の壁紙にデザインし,「かべ紙プレゼント」のページを追加しました。ご利用いただければ幸いです。

http://www.fpri.hro.or.jp/kids/kids.html


 「道民森づくりネットワークのつどい」に参加します

 10月28日(土)9:00~17:00,道庁赤レンガ庁舎とその前庭において,森づくり活動推進のための情報発信・交流イベント「道民森づくりネットワークのつどい」が開催されます。道民や森林所有者,森林ボランティアが集い,「森と人のつながりを育む」をテーマに,パネルディスカッションやポスターセッション,野外活動体験などに取り組みます。
 会場には木製品の展示・販売や木工体験などのための「木づかい広場」が設置されますが,林産試験場では,そこに音楽を奏でる木製遊具など,見て聴いて触れて遊べる木工品の展示を行います。



 「木づかいシンポジウム2006」に木製遊具を出展します

 10月29日(日)13:30~16:10,札幌市中央区北5条西5丁目のセンチュリーロイヤルホテル20階において,(財)日本木材総合情報センター,北海道等の共催で,「国産材の利用は誰にでもできるエコ活動です」をスローガンにシンポジウムが開催されます。パネリストとして元日ハムの廣瀬哲朗さんや木工デザイナーの煙山泰子さんら木をこよなく愛する人達が出演し,間伐製品の愛用などによる地球温暖化防止運動への参加を訴えます。
 林産試験場では,展示コーナーに音楽を奏でる木製遊具など,見て聴いて触れて遊べる木工品を出展する予定です。



 「木と暮らしの情報館」と「木路歩来(コロポックル)」の休館日が変わります

 10月1日から来年の4月30日まで,土・日曜日,祝日,および年末年始(12月29日~1月3日)が休館日になります。平日は開館していますので,引き続き多くの方々のご来場をお待ちしています。
 また,夏休みを中心に子どもたちでにぎわっていたログハウス木路歩来が,11月からは冬季閉館となります。来年は,5月から開館の予定です。


前のページへ