本文へ移動
林産試だより2007年3月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2007年3月



 NHKラジオ北海道森林物語に出演します

 毎週水曜日,朝7時49分~55分ごろに放送の「NHKおはようもぎたてラジオ便-北海道森林物語-」では,森林や木材に関する様々な話題が取りあげられています。

 3月28日の放送では,利用部の本間化学加工科長が,「木質炭化物の様々な機能について」と題して,炭化温度や炭化時間等が異なる様々な炭化物について,それらの性質の違いや有効な利用方法を,林産試験場の研究成果とともにお話しする予定です。

 研究功績賞を受賞しました

 このたび,技術部の澤田成形科長が,林業施策や木材産業振興等に貢献した研究者に与えられる「研究功績賞」を全国林業試験研究機関協議会から受けました。北海道からはただ一人の受賞です。

 受賞理由は,「安全・快適な木質系フロアシステムの開発」に関する顕著な功績です。暖房のしづらい体育館等を効率的に暖める大規模温水床暖房システムの開発(廃タイヤと木材の粉砕物を成形したゴムチップパネル(写真1)を下地材に,接合部を設けない温水パイプ,放熱板を組み合わせた床構造で,安全性,弾力性,防音性などに優れる)や,お年寄りや視覚障害者の冬の外出を支援する滑りにくい木質系誘導ブロック(写真2)の製作(透水性に優れ,水に濡れても滑りにくく,安全な歩行が可能。強度,耐久性,凍結融解性などに優れる。ネジ釘も効く),磁石を埋め込んだ道標システムの開発など先進的な研究業績が評価されたものです。



左:写真1 大規模床暖房用ゴムチップパネル , 右:写真2 硬質木片セメント板による誘導ブロック

 林産試験場報を発行しました

 2月に,林産試験場報21巻1号を発行しました。ホームページ上でも公開しています。

 ○アセトアルデヒドの放散特性(第2報)-表面材の影響-(秋津裕志ほか)
 ○木粉を用いた水産系廃棄物の堆肥化(第1報)-廃棄物の化学的特性および寒冷地条件下における堆肥化装置を用いた初期分解過程-(関 一人ほか)
 ○蒸気式乾燥におけるタイムスケジュールの推定(第1報)-任意条件における乾燥時間の推定方法-(中嶌 厚ほか)
 ○蒸気式乾燥におけるタイムスケジュールの推定(第2報)-検証試験-(中嶌 厚ほか)
 ○トドマツ水食い材の振動特性の含水率依存性(大崎久司ほか)
 ○イチゴ高設栽培用培地へのスギ粉砕物の適性(抄録)(佐藤真由美ほか)
 ○アルカリ処理木材の水分吸着特性と細胞構造(抄録)(石倉由紀子ほか)
  http://www.fpri.hro.or.jp/gijutsujoho/kanko/joho.htm


前のページへ