本文へ移動
林産試だより2007年5月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2007年5月



 林産試験場ホームページが受賞しました

 このたび,林産試験場のホームページが,第41回林業関係広報コンクール(ホームページ部門)で2位となる優秀賞を受賞しました(全国林業普及協会主催)。ひとえに記事に対するご意見や関連のご相談をお寄せくださる読者の皆様のおかげと感謝します。
 審査講評は,技術情報が豊富である,キッズコーナーや図書室ページが充実している,更新が頻繁である,マニュアル・特集の利用価値が高い,メールによる技術相談の利便性が高い,というものでした。
 今後も,お役に立てそうな記事を分かりやすくお伝えしてまいりますのでよろしくお願いします。

 オホーツク「木」のフェスティバルに参加します

 5月18日(金)~20日(日),北見市において『第22回オホーツク「木」のフェスティバル』 が開催されます。会場は,サンライフ北見・北見市工業技術センター・サンドーム北見・北見地域職業訓練センターです。
 林産試験場では,北海道型ペレットストーブなどの研究成果品を展示するほか,子どもたちには木製遊具や単板のしおりづくりで楽しんでもらう予定です。


 技術研修生を募集しています

 林産試験場では,道内の企業や団体の方を対象に,木材に関連する様々な技術を習得していただくための研修を行っています。
 今年度に予定している次の研修の申し込み期日が近づいていますので,お知らせします。

基本技術研修〈木材加工技術〉
 ・期間:5月21日(月)~25日(金)(5日間)
 ・項目:木材の構造・性質,木材加工用機械の種類と構造,集成材の製造と性能評価ほか
 ・申し込み締切日:5月7日(月)
 ・費用:無料(交通費,滞在費についてはご負担願います)。

 また,皆さまのご希望の日程と内容で行う実務技術研修の研修生を随時募集していますので,ご相談ください。
 技術研修についての詳細は,http://www.hro.or.jp/list/forest/research/fpri/shien/kenshu/kenshu.htmをご覧ください。お問い合わせ・お申込みは,技術係(内線368)まで。

 「緑の募金」にご協力ください

 4月1日から5月31日の間,全国で,19年度春期の「緑の募金」が実施されています。
 北海道では,(社)北海道森と緑の会が中心となり,全道の市町村緑化推進委員会やボランティア団体などの協力のもと,街頭募金や職場募金などに取り組んでいます。道庁も組織を挙げて支援しているところです。
 集められた募金は,公共施設や学校の緑化,ボランティア団体や地域住民が行う協働による森づくり,児童・生徒への緑環境教育などに活用されます。どうぞご協力ください。

 「木と暮らしの情報館」の開館が夏期日程に

 4月28日から夏期日程に入った木と暮らしの情報館は,9月30日まで,土・日,祝日も開館します。この間の閉館日は8月13・14・15日の3日間のみです。
 なお,木の砂場などの遊び場を備えたログハウス木路歩来(コロポックル)は,4月28日から(10月末まで)開館していますが,こちらは9月30日までは無休です。多くの方のご来場をお待ちしています。

前のページへ