本文へ移動
林産試だより2007年6月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2007年6月



 高橋知事が来場しました

  5月22日午後,高橋知事の訪問を受けました。約1時間にわたってロビーや情報館の研究成果品をじっくりと見てもらうことができました。また,木育施設コロポックルでは,木の砂場やすべり台で遊ぶ幼児やお母さんたちに優しく声をかけられ,求めに応じて記念写真にもはるみスマイル満開で収まっていました。
 この訪問を機に,ロビーの展示内容や方法を一部見直しました。木質資源の無駄のないカスケード利用をテーマに,製材・合板などへの初期使用から,成形ボードへの解体材利用など再使用,そして最終的な燃料使用まで,これらの開発品を順番に見ていただくことができます。また,ユニバーサルデザインに配慮した寒冷地向け木製バルコニーサッシや廃木材・廃プラスチック複合材による収納式デッキなども実大サイズで展示しています。

知事視察

 試験場構内に植樹をしました

 5月23日,林産試験場の構内(コロポックルの横,国道沿い)に植樹をしました。6月24日に苫小牧市で開催される第58回全国植樹祭に協賛したものです。植栽本数は50本あまり。樹種は北海道の主要な人工林樹種であるトドマツ,カラマツ類と,川のまち旭川の景観によくマッチするシラカンバ,ハンノキ,ヤチダモなどの広葉樹です。
 カラマツ類としては,成長が旺盛でまっすぐに育つグイマツ雑種F1の品種「グリーム」も開発者の道立林業試験場から譲り受けました。そして,グイマツ雑種F1の両親であるグイマツとカラマツも隣り合わせて配置したので,これら3種の枝ぶりや葉色の違いなどを観察することができます。
 これらが順調に育つこと,そして何より1か月後の全国植樹祭が成功することをみんなで祈念しました。


全国植樹祭に協賛した植樹

 林業関係広報コンクールの表彰式がありました

 先月の林産試ニュースに掲載したとおり,林産試験場のホームページが第41回林業関係広報コンクール(ホームページ部門,主催:全国林業普及協会)で優秀賞を受賞しました。5月23日に東京都赤坂の三会堂石垣記念ホールで開催された表彰式に出席し,綿貫民輔会長から賞状をいただきました。

林業関係広報コンクール表彰式

 木材接着講習会が開催されます

 (社)日本木材加工技術協会主催の平成19 年度木材接着講習会が旭川など国内4 か所で開催されます。
 旭川では,林産試験場を会場に関係各部の研究職員が講師となり,木材の基本性質から接着剤や接着した製品,試験方法まで,木材接着について様々な角度から解説します。
 開催日:平成19 年7 月5 日(木)~ 6 日(金)
 会場:北海道立林産試験場
 定員:40 名
 受講料:会員30,000 円,非会員40,000 円
     (テキスト,昼食代を含む)
 申込締切:6 月28 日(木)
 申込先及び申込方法: 〒078-8381
  旭川市西神楽1 線10 号 北海道立林産試験場内
  (社) 北海道林産技術普及協会
     TEL 0166-75-3553  FAX 0166-75-3553
 講習内容や申込み方法など,詳細については(社)日本木材加工技術協会のホームページhttp://www.jwta.or.jp をご覧ください。

前のページへ