本文へ移動
林産試だより2007年11月号 林産試ニュース

林産試ニュース 2007年11月



 木路歩来(コロポックル)が冬季休館に入りました

 林産試験場のログハウス木路歩来が,11月1日から冬季休館に入りました。今年は例年にも増して木の玉プールやすべり台に夢中になる無邪気な子供たちでいっぱいでした。きっと木のぬくもりを体感してくれたことと思います。ご利用ありがとうございました。

 来シーズンは,4月26日(土)に開館の予定です。
 なお,木と暮らしの情報館は,11月いっぱい開館しています。

 NHKラジオ「北海道森物語」に出演します

 一週おきの水曜日,朝7時49分~55分ごろに放送のNHKおはようもぎたてラジオ便「北海道森物語」では,森林や木材に関する最新の研究成果が取りあげられています。

 11月28日の放送では,きのこ部の米山生産技術科長が出演し,きのこの菌床栽培における針葉樹おが粉の活用方法とそのメリットについてお話しする予定です。  

 日本木材学会北海道支部研究発表会で発表します

 11月5日(月),札幌コンベンションセンター(白石区東札幌6条1丁目)において標記の発表会が開催されます。今年も,日本森林学会北海道支部との合同開催で,森林生態から木材化学まで多岐にわたる研究成果を聞くことができます。
 参加費は一般が1_000円,学生は無料です。

 午前10:30から特別講演,午後13:00から17:00まで研究発表が行われます。林産試験場からは次の5件を発表します。

○口頭発表

  ・緩衝根太を用いた床の安全性について(澤田哲則ほか)

○ポスター発表

  ・木材成分が塩化ベンザルコニウムの溶脱に及ぼす影響(宮内輝久ほか)

  ・フェノール樹脂を用いた南洋材合板における接着層の形成と接着力(宮崎淳子ほか)

  ・ホルムアルデヒド吸着材料の開発(朝倉靖弘ほか)

  ・発熱合板の電気伝導特性の改善(平林靖ほか)

 林産試験場報を発行しました

 このたび林産試験場報21巻3号を発行しました。掲載したのは次の7件で,ホームページ上でも公開しています。

  ・接着剤を含む木質材料の溶脱性(宮崎淳子)

  ・梁受け金物の強度性能(第1報)-せん断および引張耐力-(藤原拓哉ほか)

  ・カラマツカルスのステロール脂質クラスにおけるメバロン酸添加の影響(再掲)(佐藤真由美ほか)

  ・大形チャンバー法による木製家具からのホルムアルデヒド放散量測定(再掲)(鈴木昌樹ほか)

  ・ストランド・パーティクルボード(SPB)の製造技術(第3報)
   イソシアネート系接着剤(EMDI)がボード材質およびパンクに及ぼす影響(抄録)(吹野信ほか)

  ・軽微なナミダタケ腐朽材における表面処理用木材保存剤の効果(抄録)(森満範ほか)

  ・木材の発熱速度におよぼす難燃剤の効果(抄録)(菊地伸一ほか)

http://www.hro.or.jp/list/forest/research/fpri//gijutsujoho/kanko/joho.htm

 「かべ紙ぷれぜんと!」に秋用の壁紙を追加しました

 キッズ☆りんさんしのキャラクターをデザインした壁紙(デスクトップ用)を集めた「かべ紙ぷれぜんと!」のページに,秋バージョンを追加しました。ご利用いただければ幸いです。

http://www.fpri.hro.or.jp/kids/kids.html

前のページへ