本文へ移動

行政の窓

設計事務所や工務店との協働による
 道産木材を使った家づくり『北の木の家』普及への取り組み

~「北の木の家」建築推進業者認証制度~

 

 林業木材課では,道産木材の利用拡大の取り組み「地材地消(ちざいちしょう)」を推進しており,特に住宅分野においては道産木材の住宅「北の木の家」の普及を図っています。このたび,「北の木の家」に積極的な設計事務所や工務店のみなさんを,北海道が認証する制度がスタートすることとなりましたので,その概要をお知らせします。

 道産木材を使った住宅について


 道産木材を住宅に積極的に取り入れることにより,様々な効果が生まれます。
1. 地球温暖化防止
 輸入材と比べて木材の輸送距離が短いため,輸送に伴うCO2の排出量が低減できます。
2. 地域経済への貢献
 住宅での木材消費が増えれば,林業や木材産業,建設業が活性化し,域内の経済にも良い循環が生まれます。
3. 森林の整備が進む
 住宅で有効利用されることで,地域の森林整備が進み,健全な森林づくりにつながります。

北の木の家についての説明文

「北の木の家」建築推進業者とは?


 「北の木の家」建築推進業者とは,言わば「北の木の家」の力強いサポーターです。道民のみなさんへ「北の木の家」を積極的にPRしていただき,建築・設計につなげていきたいと考えています。

北の木の家建築推進業者認証制度のイメージ

(水産林務部林務局林業木材課需要推進グループ)

前のページへ|次のページへ