本文へ移動
 

林産試ニュース 2008年4月


 研究成果発表会を開催します

 4月17日(木)10:30~16:10,旭川市大雪クリスタルホール(旭川市神楽4条7丁目)において,「平成20年 北海道森づくり研究成果発表会(木材利用部門)」を開催します。
 今年の発表会では,林産試験場や森づくりセンター等により,口頭で15課題,ポスター・試作品展示等で16課題が発表されます。

 プログラムの詳細や参加の申込方法については,林産試験場ホームページでお知らせしています。お問い合わせは普及係(内線341,365)まで。

 なお,前日の16日には,美唄市市民会館において,同発表会(森林整備部門)が開催されます。


 キッズ☆りんさんしに「木の家」のページを追加しました

 当場ホームページの木育コンテンツ「キッズ☆りんさんし」,好評をいただいています。
 このたび,「木と私たちの生活」のコーナーに「木の家」のページを追加しました。

 まず,文化財的な建物から現代家屋まで,大小さまざまな木造建築物を写真で紹介し,それらの構造上の特徴や木の使われ方のポイントなどを説明しました。
 また,基礎から建前,屋根張り,内外装と,住宅ができあがるまでの工事の流れを,現場写真をふんだんに使って解説しました。
 さらに,耐震性,断熱・気密性のもたせ方など,木の家造りに欠かすことのできない重要な技術情報についても述べました。
 おとなも十分に楽しめるページです。

http://www.hro.or.jp/list/forest/research/fpri/kids/kids.html

 木と暮らしの情報館と木路歩来(コロポックル)がオープン

 冬季休館していた林産試験場併設の木と暮らしの情報館を,4月1日(火)に開館しました。
 2階に「りんさんし博物館」のコーナーを設け,昔活躍したたくさんの研究機器類を展示しましたのでぜひご覧ください。

 また,隣接する木育施設であるログハウスのコロポックルは4月26日(土)に開館の予定です。木の玉プールや木のおもちゃ,絵本コーナー「木育文庫」で,木の持つ優しさや温もりを体感してください。


 北海道型ペレットストーブを意匠権登録

 当場デザイン科が民間企業と共同で開発した木質ペレットを燃料とする強制給排気形ストーブが,特許庁に意匠権登録される運びとなりました。
 燃料補給がしやすく窓下や壁ぎわに置けるようデザインされたこの形のストーブは,共同開発企業によりすでに生産と販売が行われています。
 評判は上々とのことです。


 日本木材学会大会で「優秀ポスター賞」を受賞

 2008年3月,つくば市で開催された第58回日本木材学会大会において,当場性能部防火性能科の大橋研究職員が,優れたポスター発表を行った研究者に贈られる「優秀ポスター賞」を受賞しました。
 ポスター発表部門全256件の発表者から選ばれる10人の中に入ったものです。
 大橋研究職員の発表タイトルは,「道産材を用いた木質I形梁の性能評価(第2報)-荷重継続時間の調整係数-」です。

前のページへ