本文へ移動

林産試ニュース 2008年10月


 第16回木工作品コンクールの受賞作品が決まりました

 今年の木工作品コンクールには,道内24の小中学校から371点もの出品がありました。さる9月9日,審査が行われ,木工工作個人の部,同団体の部,レリーフ作品の部それぞれについて最優秀賞,優秀賞,特別賞が選ばれました。受賞した力作を林産試験場のホームページで紹介していますので,ぜひご覧ください。また,作品全般の評価などについて本誌11月号に掲載する予定です。


 「いきいき福祉2008」に出展します

 10月17日(金)~19日(日),アクセスサッポロ(札幌市白石区流通センター4丁目)において「いきいき福祉2008」が開催されます(北海道経済産業局,北海道などが主催)。「ふれあい,支えあい,響きあい,共に暮らすやさしい明日のために」をテーマに,最新の福祉機器の展示や福祉・健康に関するサービス情報等が提供されるものです。林産試験場では,(株)サンポットと共同研究で開発した,今話題のペレットストーブを展示します。


 「道民森づくりネットワークの集い2008」が開催されます

 10月25日(土)10:00~15:00,道庁赤レンガ庁舎とその前庭において,森づくり活動推進のための情報発信・交流イベント「道民森づくりネットワークのつどい」(主催:北海道)が開催されます。道民や森林所有者,森林ボランティアが集い,パネルディスカッションやポスターセッション,野外活動体験などに取り組みます。
 林産試験場では,会場に設営される「森のテント村」に,「見て聴いて触れて遊べる」木製遊具などの展示を予定しています。

http://qualiat.com/dmn08/boshu.html

 「木と暮らしの情報館」と「木路歩来(コロポックル)」の休館日が変わります

 情報館と木路歩来は,10月から,土・日曜日,祝日が休館日になります。平日は開館していますので,引き続き多くの方々のご来場をお待ちしています。
 なお,木路歩来は11月から,情報館は12月から冬季閉館となります。


前のページへ|