本文へ移動
 

林産試ニュース 2009年6月


 木材保存研究で表彰を受けました

 平成21年5月21日,東京で開かれた(社)日本木材保存協会の第25回年次大会において,性能部耐朽性能科の宮内研究職員が,同会から第6回「木材保存学術奨励賞」の表彰を受けました。この賞は,毎年,木材保存分野において優れた学術業績をあげた研究者1名に贈られるもので,宮内研究職員にあっては,有機系抗菌剤および処理木質材料の多様化に対応した分析方法の確立が,新規木材保存剤および木材保存処理技術の開発につながる研究として認められたものです。
   また同大会では,性能部の森主任研究員が「ベストポスター賞」を受賞しています。発表題目は「旭川暴露試験地における野外耐朽性試験(III)−水辺を想定した人工池における野外耐朽性試験−」です。森主任研究員は昨年に続いての受賞となりました。


 学術奨励賞を受ける宮内研究職員     ベストポスター賞を受ける森主任研究員

 北海道植樹祭に出展します

 平成21年6月7日(日)9:00〜14:00,えりも町において,『一つの芽そこから始まる大きな森』をスローガンに,「第60回北海道植樹祭inえりも」が開催されます(主催:北海道,北海道森林管理局)。
 林産試験場は,式典会場(灯台公園)の催事コーナーに,森林の循環利用や木材の環境優位性に関するパネル等を展示します。木材組織の顕微鏡観察もしていただく予定です。

 木材接着講習会で講師を務めます

 平成21年7月8日(水)〜9日(木),道北地域旭川地場産振興センター(旭川市神楽4条6丁目)にて開催される平成21年度木材接着講習会(主催:(社)日本木材加工技術協会)では,林産試験場職員11名が講師を務めます。
 8月の木材接着士資格検定試験に向けた講習内容で,各講師はそれぞれ,木材の組織構造,木材の物理的性質,木材接着の基礎,接着剤,接着用機械・器具,集成材・単板積層材の製造,木質材料の一般的な特徴と利用,木質ボード類の製造,家具木工と接着技術,合板製造・二次加工,接着製品の試験について講義します。
 申込期日は6月30日,(社)北海道林産技術普及協会(電話0166-75-3553)あてお申し込みください。

前のページへ