本文へ移動
 

行政の窓

民間企業等での道産木材・木製品の利用の促進
~法人の「地材地消」優良事例~


 林業木材課では,「地材地消」を定着させるための一環として,民間企業等での道産木材・木製品の利用拡大を推進するため,企業向けセミナーの開催や木製品のモニター調査,道産木材を積極的に活用している法人を表彰するコンクールなどの取組を促進しています。
 法人の「地材地消」優良事例コンクールでは,道内各地域での先進的な取組を表彰するとともに,優良事例集を作成して広く普及PRを図っています。今回は平成20年度に選定された優良事例の一部を紹介します。

 利用事例


(株)内田洋行ユビキタス協創広場 U-cala(札幌市)
取組:産学官連携や地域活性化の場として「協創広場U-cala」をオープン,道産木材をふんだんに使い「地材地消」の実践と普及PRに貢献

写真 U-cara

Family Cafe ぷりすか(河東郡中札内村)
取組:障害者と健常者が自然に出会える場所づくりのため,バリアフリーカフェをオープン,建物全体にカラマツを使用

写真 プリスカ


 製造事例


株)ハルキ(茅部郡森町)
取組:建築資材の生産を主体に行っており「道南スギ」を商品化,原料のほとんどに地元産材を利用

写真 道南スギ内装



「法人の知財地消優良事例集」の表紙

(水産林務部林務局 林業木材課需要推進グループ)

前のページへ|次のページへ