本文へ移動
 

行政の窓

森林整備加速化・林業再生事業(緑の産業再生プロジェクト)について


 はじめに

 金融危機に端を発した昨年下期からの世界的な景気・経済の悪化により,我が国でも,最近上向き傾向にあるとはいえ,まだまだ厳しい状況が続くなか,国では,平成21年度の補正予算において,経済危機対策として,川上から川下,そして木材利用まで至る総合的な対策を進める「森林整備加速化・林業再生事業」を創設しました。
 北海道では,この事業を導入して約120億円(予定)の基金を造成し,間伐等の森林整備の促進や間伐材等の活用による林業・木材産業の振興に取り組むこととしました。
 ここでは,そのうち川下対策への支援について説明します。

 事業概要

 川下対策としては,森林資源を核とした林業・木材産業の再生を図るため,高性能林業機械等の導入による林外搬出を促進するとともに,木材加工施設や木造公共施設,木質バイオマス利用施設の整備,木材の流通経費への支援,道産木材の需要拡大につながる新たな商品開発などによる地域木材・木質バイオマス利用を一体的に促進します。

図解 森林整備加速化・林業再生事業(緑の産業再生プロジェクト)のイメージ

 事業期間

 平成21年度から平成23年度まで

 支援を受けるためには?

 これらの支援を受けようとする場合,事業主体は,各支庁単位に設置されている地域協議会地区部会の構成員になる必要があります。

 事業内容

表 事業内容一覧

 ※ 実施主体は,地域協議会の構成員であることが必要です。

 ホームページでの事業紹介

 林業木材課のホームページでは,本事業の上記メニューの詳細について紹介していますので,ご覧下さい。
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/rrm/sinnnrinnseibikasokuka_top.htm
 また,林野庁ホームページにおいて,緑の産業再生プロジェクト(森林整備加速化・林業再生事業)を紹介していますので,あわせてご覧ください。
 http://www.rinya.maff.go.jp/j/forester/f_zigyo/315.html

(水産林務部林務局 林業木材課 林業木材グループ)

前のページへ|次のページへ