本文へ移動
 

林産試ニュース 2011年1月


 「ウッディ★工作アトリエ」を開催します

 1月13日(木)12:30~16:30,道立旭川美術館(旭川市常磐公園内)において,子供たちのためのワークショップ「ウッディ★工作アトリエ」を開催します(旭川美術館,北海道新聞旭川支社,林産試験場の共催。「あーと・きっず WINTER」の後継イベント)。
 メインの木工体験『木でつくる。夢の椅子』では,合板や端材,木の枝を自由に使って世界に一つだけの椅子を作ってもらいます。林産試験場では,技術支援グループから職員が出向きデザインや工具づかいを指導します。

 「科学体験ひろば2011」に参加します

 1月8(土)~9日(日)各9:30~16:00,旭川市科学館「サイパル」(宮前通東・北彩都あさひかわ地区)において第14回「科学体験ひろば2011」が開催されます(サイエンスボランティア旭川と旭川市博物科学館の共催)。
 子供たちに,楽しく不思議な理科実験などを通して科学への興味やロマンを育んでもらうもので,林産試験場からもサイエンスボランティアの平林・橋本両名が参加し,いろんな種類の「木」を題材に,重さや硬さ,木目,色の違い,上手な木の使い方等について学習してもらう予定です。


アセチル化木材(右)と無処理材(左)の劣化状態の比較(トドマツ材使用,腐朽試験4か月後。林産試だより2010年8月号より)

 NHKラジオ「北海道森物語」に出演します

 NHKラジオの「おはようもぎたてラジオ便-北海道森物語-」(第2・第4火曜日の朝7時50分前後に放送)は,森林・林業や木材に関する最新情報がテーマの番組です。
 1月25日の放送には,利用部マテリアルグループの長谷川研究主任が出演し,酢の成分を結合させて作るアセチル化木材の,耐久性能,利用法,環境に対する安全性等についてお話する予定です。

 NIR Advance Award を受賞しました

 利用部マテリアルグループの藤本研究主任が,近赤外研究会から第26回近赤外フォーラム NIR Advance Award を受賞しました。同氏による研究「近赤外分光法を応用した木材非破壊検査装置の開発」が,近赤外分光法の研究推進上,業績顕著であると認められたもので,12月3日には,つくば市で授賞式と受賞講演会が行われました。

 「新ビジネス創出セミナー」に参加しました

 12月16日(木),旭川市内で,「地域力UPを目指す!!」をスローガンに「旭川発 新ビジネス創出セミナー」が開催されました(旭川市主催,旭川生活文化産業振興協会運営)。地域企業に対し,地元研究機関等の研究シーズを紹介し,そこから着想したビジネスプランを提案するものです。
 林産試験場は,性能部の河原崎研究主任が「木材の難燃処理技術~内装にもっと木材を使おう!~」と題して講演を行うとともに,パネルやパソコン動画,製品モデル等により最近の研究成果を多数紹介しました。また,同協会によるビジネスプランの発表では,圧縮木材やCNC木工旋盤など当場発信の研究シーズが採り上げられました。

前のページへ