本文へ移動
 

林産試ニュース 2011年2月


 木材利用推進のためのフォーラムを開催します

 2月4日(金)13:00~16:30,旭川市大雪クリスタルホール(神楽3条7丁目)において「公共建築物等に木材を利用するために(2011木製サッシフォーラム)」を開催します(北方建築総合研究所,北海道木製窓協会,林産試験場の共催)。
 木製サッシフォーラムとしては16回目となる今回,公共建築物等への木材利用推進をテーマに,次の講演と意見交換会を行います。

・(仮称)北海道地域材利用推進方針について
 (北海道水産林務部林務局林業木材課 巻口公治氏)
・大型木造建築物の事例紹介
 ((株)清和設計事務所 笹木勇一氏)
・木造公営住宅の効果と戦略
 (北方建築総合研究所 松村博文氏)
・木造公営住宅(弟子屈町営住宅)の実施例の紹介
 (北海道木質構造開発協議会 辻谷英樹氏)

 多くの皆様のご参加をお待ちしています。詳細は,林産試験場のホームページをご覧ください。お問い合わせは企業支援部技術支援グループ(内線421・422)まで。

 研究功績賞を受賞します

 利用部マテリアルグループの本間千晶主査が,第23回全国林業試験研究機関協議会研究功績賞を受賞することになりました。森林・林業及び木材産業のために顕著な研究業績をあげた研究者に贈られる賞で,今回,木質材料に熱処理を施すことにより脱臭,ホルマリン吸着など多様な機能を付与する同主査の一連の研究が認められたものです。
 2月16日(水),津田ホール(東京都渋谷区)で開催される第44回林業技術シンポジウムにおいて表彰式と受賞記念の研究発表が行われます。

 北海道開発技術研究発表会で発表します

 2月22(火)~24(木),北海道開発局研修センター(札幌市東区北6条東12丁目)で第54回北海道開発技術研究発表会(北海道開発局,(独)土木研究所寒地土木研究所の共催)が開催され,当場からは次の発表を行います。

・短伐期収穫ヤナギを原料とするバイオエタノールの製造技術
 (利用部バイオマスグループ 折橋 健,利用部長 菊地 伸一)

 発表では,ヤナギの原料適性や,原料からエタノールに至る製造プロセス全般の実験結果と技術的課題に加え,製造プラントの概略設計案についても紹介する予定です。

前のページへ