林産技術セミナー

「耐用年数推定による防腐薬剤処理木材の

                    維持管理技術について」



  追記(令和2年(2020年)2月21日):

 林産技術セミナー(十勝地域会場・2月26日(水)開催)は,新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止することとしました。

  

  ○内容

     防腐薬剤処理された木材の耐用年数は、小試験片を用いた試験の耐朽性能評価により判断されていますが、本来であれば実大材の

     腐朽による劣化や強度低下などを総合的に評価して判断基準とすることが望ましいと考えられます。

        そこで林産試験場では、実際に北海道内の高規格道路に設置されている木製立入防止柵を対象に実大材のデータを収集し、防腐薬

     剤処理木材を部材に用いた屋外木質構造物に広く応用可能な判断基準を取りまとめました。

        本セミナーではそれらの研究成果を基に耐用年数推定の手法や維持管理方法について提案いたします。


     ○講演

    ・「現地におけるピロディンを用いた劣化測定のポイント」

      性能部 構造・環境グループ 主査(構造) 今井 良


    ・「防腐薬剤処理木材の耐用年数推定と維持管理」

      性能部 構造・環境グループ 主任主査(環境) 小林 裕昇


    ・「北海道内高規格道路の木製立入防止柵をモデルとしたLCC試算」

      利用部 資源・システムグループ 研究主任 古俣 寛隆

    

     

○会場・日時

    ・上川地域会場 終了しました。

          令和2年2月13日(木) 13:30~15:30
        北海道立総合研究機構林産試験場  講堂(旭川市西神楽1線10号)


    ・十勝地域会場 新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止することとしました。

          令和2年2月26日(水) 10:00~12:00
       音更町文化センター 2F会議室(河東郡音更町木野西通15丁目8番地)



      


開催案内チラシ(PDF:1.1MB)

参加申込書(WORD:39KB)




お問い合わせ先
(地独)北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場 企業支援部 普及連携グループ 主事 橋本
〒071-0198 旭川市西神楽1線10号

TEL:(0166)75-4233(内線415)/ FAX:(0166)75-3621
E-mail:rinsan-rpt@ml.hro.or.jp


ページのトップへ