沿革・組織等のご紹介

要覧  林業試験場要覧 (PDF,2.02MB)

設置の目的

森林・林業の分野に関する試験、研究、調査、普及、技術開発、技術支援等を行い、もって道民生活の向上及び道内産業の振興に寄与することを目的とする。

研究の推進方向

北海道森林づくり条例等の理念を踏まえ、北海道にふさわしい豊かな生態系をはぐくむ森林を守り育て、将来の世代に引き継いでいくため、 次のとおり戦略的かつ効率的な研究を推進し、北海道の森林づくり並びに林業及び木材関連産業の発展に資するものとする。

  1. 地域の特性に応じた森林づくり及びみどり環境の充実
  2. 林業の健全な発展及び森林資源の循環利用の推進
  3. 技術力の向上による木材関連産業の振興(主に林産試験場が担当)

沿

昭和32年  岩見沢林務署光珠内事業所を設置(開設)
昭和36年  北海道光珠内林木育種場を設置
昭和39年  北海道立林業試験場に改称
昭和40年  構内に研修所を設置
昭和41年  道南試験地を設置(50年,道南支場に改称)
昭和42年  道東試験地を設置(50年,道東支場に改称)
昭和45年  道北試験地を設置(50年,道北支場に改称)
昭和59年  林業専門技術員を配置
平成 4年  道北支場西興部駐在所を設置
平成 5年  庁舎等整備を終了(昭和62年から実施)
平成 6年  森林施業・生態研究林を設置
平成 7年  道北支場音威子府駐在所を設置
平成11年  緑化樹センターを設置
平成13年  道北支場西興部駐在所及び音威子府駐在所を廃止
平成14年  緑化樹見本園を開園(平成12年度から整備)
平成22年  道立の22研究機関を統合し地方独立行政法人 北海道立総合研究機構を設置。森林研究本部林業試験場となる

組織図(平成22年4月1日現在)

※業務内容は、こちらからご覧ください。
 
詳細はこちらから

所在地


林業試験場への交通案内図(JRとバス)  
■森林研究本部および林業試験場
〒079-0198 美唄市光珠内町東山
TEL 0126-63-4164
FAX 0126-63-4166

・JR北海道
函館本線「光珠内」駅下車
徒歩12分

・中央バス
岩見沢発・美唄行き
「光珠内北」下車
徒歩10分




道南支場
〒041-0801 函館市桔梗町372-2
TEL 0138-47-1024・FAX 0138-47-1024

道東支場
〒081-0038 上川郡新得町新得西2線
TEL 0156-64-5434・FAX 0156-64-5434

道北支場
〒098-2805 中川郡中川町誉300
TEL 01656-7-2164・FAX 01656-7-2164


林産試験場
〒071-0198 旭川市西神楽1線10号案内図(林産試験場のホームページにリンクします)
TEL 0166-75-4233
FAX 0166-75-3621

ページのトップへ