概   要

森林研究本部の使命

地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部は、北海道の森林づくりと林産物の利用に関する研究開発や技術支援等を通して、
道内の林業・木材産業等の振興及び道民生活の向上に寄与することを使命とする。

森林研究本部が取り組む研究開発の展開方向

【研究開発の柱】
 森林資源の循環利用の推進による林業・木材産業等の振興と道民生活の向上
【研究推進項目】
 ① 森林資源の循環利用を推進するための林業技術・木材利用技術の研究開発
  (ア)原木や木材製品の生産・流通体制の効率化のための研究開発
  (イ)森林資源の充実と適切な資源管理のための研究開発
  (ウ)木材の加工技術の高度化のための研究開発
 ② 暮らしを守り豊かにする森林の多面的機能や樹木・特用林産物に関する研究開発
  (ア)森林の多面的機能の持続的発揮のための研究開発
  (イ)樹木や特用林産物の活用促進のための研究開発

[林業試験場は①(ア)(イ)②(ア)(イ)の研究を担当しています。]

林業試験場の沿革

昭和32年 岩見沢林務署光珠内事業所を設置(開設)
昭和36年 北海道光珠内林木育種場を設置
昭和39年 北海道立林業試験場に改称
昭和41年 道南試験地を設置(50年、道南支場に改称)
昭和42年 道東試験地を設置(50年、道東支場に改称)
昭和45年 道北試験地を設置(50年、道北支場に改称)
平成22年 道立の22研究機関を統合し地方独立行政法人 北海道立総合研究機構を設置に伴い、
      森林研究本部林業試験場(本場3支場体制)となる

林業試験場の組織図(平成30年4月1日現在)

 

林業試験場の所在地とアクセス

林業試験場への交通案内図(JRとバス)  
■森林研究本部および林業試験場
〒079-0198 北海道美唄市光珠内町東山
TEL 0126-63-4164
FAX 0126-63-4166

・JR北海道
函館本線「光珠内」駅下車
徒歩12分

・中央バス
岩見沢発・美唄行き「光珠内北」下車
徒歩10分




道南支場
〒041-0801 北海道函館市桔梗町372-2
TEL 0138-47-1024・FAX 0138-47-1024

道東支場
〒081-0038 北海道上川郡新得町新得西2線
TEL 0156-64-5434・FAX 0156-64-5434

道北支場
〒098-2805 北海道中川郡中川町誉300
TEL 01656-7-2164・FAX 01656-7-2164



林産試験場
〒071-0198 旭川市西神楽1線10号(林産試験場ホームページの交通案内にリンクします)
TEL 0166-75-4233
FAX 0166-75-3621

ページのトップへ