光珠内季報-平成23年度-

昭和44年度 昭和45年度 昭和46年度 昭和47年度 昭和48年度 昭和49年度 昭和50年度
昭和51年度 昭和52年度 昭和53年度 昭和54年度 昭和55年度 昭和56年度 昭和57年度
昭和58年度 昭和59年度 昭和61年度 昭和62年度 昭和63年度 平成元年度 平成2年度
平成3年度 平成4年度 平成5年度 平成6年度 平成7年度 平成8年度 平成9年度
平成10年度 平成11年度 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度
平成17年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度


No.164
(2012.1)
我が町にあった木質バイオマスの有効利用を考える
【修正版】
(PDF,881KB)
酒井明香 p.1~6
木質バイオマスは,バイオマス・ニッポン総合戦略の策定以来,日本中で利用されるようになり需給が逼迫している。その供給量の不足分を「山のバイオマス」である林地残材等で補おうとする動きがみられる。林地残材は,他の木質バイオマス資源と比べて水分が多くかさばる上,分散型の資源であるため,その性質を十分理解した上で使いこなす必要がある。ここでは地域で林地残材を利用する際の具体的なポイントについて報告する。
天然林の林分構造による植物多様性評価の試み (PDF,2.16MB) 八坂通泰 p.7~11
北海道の森林における植物など生物多様性を広範囲で定量的に評価した情報は十分ではない。管理すべき森林の生物多様性の現状を把握しなければ,多様性に配慮し森林を管理することは困難である。そこで,本報告では上層木や林床のササの生育状況など林分構造から天然林の植物多様性を簡易に評価する手法について検討した。
パッチワーク状混植で混交林をつくる (PDF,2.03MB) 中川昌彦 p.12~18
各樹種をそれぞれ何本かのかたまり(パッチ)として植栽し,樹種の異なるパッチを混ぜて配置し,(パッチワーク状に混植して)混交林を造成する方法について解説した。またこの方法の植栽試験について紹介し,植栽30年後の調査結果から,混交林の造成がおおむね成功していることと,この植栽方法の改善案を示した。


No.163
(2011.9)
林業試験場が平成23年度に取り組む試験研究のあらまし (PDF,3.48MB) p.1~7
高性能林業機械による風倒木の安全かつ効率的な処理作業 (PDF,1.55MB) 木幡靖夫
菅野正人
寺田文子
p.8~11
油圧ハサミ式の切断装置やスイング機構をもつ伐倒アタッチメントを装着したフェラーバンチャと,最小限の環境負荷で一度に大量の材搬出が可能なクローラカート型集材装置を組み合わせて,安全で効率的な風倒木の処理システムを開発した。さらに,リモートセンシングや森林GIS技術を活用することにより,開発したシステムの効力を最大限に発揮できるような作業環境づくりを行うことができることを明らかにした。
地域によって異なる北海道の獣害 (PDF,1.01MB) 明石信廣 p.12~15
北海道では野ネズミ,野ウサギ,エゾシカが造林地に獣害を発生させるが,被害状況は地域によって異なる。胆振,日高などでは野ネズミよりもエゾシカ,渡島,檜山や日本海側ではエゾシカよりも野ネズミへの対策を重視した樹種選択が良い。道東地域では,エゾシカ被害も野ネズミ被害も多く,あらかじめ被害防除について考慮する必要がある。

ページのトップへ