平成15年台風10号に伴う集中豪雨による
流木発生等実態調査に係る報告書
2003年8月の台風10号に伴う大雨によって、日高地方に大量の流木が発生しました。当場では被害実態と流木の発生源を明らかにするため、厚別川流域で発生した被害の各種調査や分析を行いました。
本報告書は、厚別川流域の山腹崩壊量や河畔林流出量、流木堆積量などを総合的に調査・考察したものであり、今後の北海道の森林整備、林地保全の進め方や技術の確立に役立つものと考えます。
※各PDFファイルは非常にファイル容量が大きいため、ダウンロードしてご覧になることを推奨します。
報告書の目次
1 調査の目的 1 1~12ページ
PDF
(42.9MB)
2 調査流域の概要 (1) 流域の概況
(2) 森林の概況
1
3
3 調査期間と方法 (1) 調査者と調査期間 3
(2) 調査方法
ア 流域の区分
イ 天然林の現況
ウ 山腹崩壊の面積と被害材積
エ 河畔林の被害面積と流出材積
オ 流木の堆積量
4
4
5
5
7
9
4 調査結果の概要 (1) 天然林の現況
ア 蓄積
イ 樹種構成
ウ 径級構成
(2) 山腹崩壊の面積と被害材積
ア 解析範囲
イ 崩壊地面積
ウ 被害材積
(3) 河畔林の被害面積と流出材積
ア 河畔林の被害面積
イ 河畔林からの流出材積の推定
(4) 流木の堆積量と組成
11
11
11
11
14
14
15
18
19
19
20
23
13~26ページ
PDF
(12.2MB)
5 考察 (1) 河畔林の流木捕捉機能
(2) 流域の被害量
(3) 崩壊発生の要因
27
27
30
27~35ページ
PDF
(13.6MB)

関連情報の紹介
■流木の堆積量と発生源の推定[PDF 400KB](平成15年度北海道森づくり研究成果発表会ポスター)
■2004年台風18号被害に関する調査速報
※報告書全体をまとめて閲覧したい場合は、こちらのPDFファイル(68.6MB)をご覧ください。

ページのトップへ