↑図書紹介のページへ戻る

「風蓮湖流域の再生」



「風蓮湖流域の再生」
ー川がつなぐ里・海・人ー

【発行日】平成29年3月
【編著者】長坂 晶子(林業試験場森林環境部機能グループ研究主幹)
【発行】北海道大学出版会
【頁数】258ページ
【内容】
風蓮湖流域は、風蓮川を中心に4本の主要な流入河川を有し、根室市、別海町、浜中町、厚岸町にまたがる北海道有数の酪農地帯である。風蓮湖流域は、酪農業の進展によって河川の水質汚濁が顕在化するという問題を抱えています。
本書は、「流域の現状評価」「検討材料の提示」「住民意識の把握」といった視点から、森と川、森と農地、湿地と河口域の課題について多角的に解説します。
【問い合わせ先】
〒060-0809
札幌市北区北9条西8丁目
北海道大学構内
北海道大学出版会
TEL 011-747-2308
FAX 011-736-8605

頒価 4,860円(税込み)


【目次】
第1章 風蓮湖流入河川流域とは
第2章 亜寒帯汽水湖(風蓮湖)の環境特性と低次生物生産過程の特徴
第3章 陸水域~汽水域の溶存鉄の動きを追う
第4章 物質の環の再生
第5章 地域住民の環の再生
第6章 座談会 風蓮湖流域のプロジェクトを振り返って

ページのトップへ