ものづくり支援センター

平成22年4月1日、22の道立試験研究機関が地方独立行政法人「北海道立総合研究機構」となり、 総合的な研究機関としてスタートしました。

これに伴い、産業技術研究本部(工業試験場・食品加工研究センター)に、企業への技術支援や産学官の連携、 基盤技術の強化による参入促進を実現し、道内ものづくり産業を発展させることを目的に「ものづくり支援センター」を新たに設置しました。 皆さまのご活用をお待ちしております。

業務紹介

■技術支援部

工業技術支援グループ

企業の皆さんとの最初の出会いの場として、技術相談、依頼試験・分析、試験設備・機器の開放、 技術情報の提供などに関する窓口業務を行っています。

また、企業の皆さんが行う新製品・新技術の開発や製品の高付加価値化、生産工程の改善などの取組について、 技術開発派遣指導事業などにより支援しています。

<主な業務>

技術相談 ・技術指導 ・技術開発派遣指導・依頼試験分析/設備使用・研修生受入れ ・移動工業試験場・ 成果発表会の開催 ・北工試だより及び成果事例集の発行・場内見学 ・図書閲覧 ・報道発表及び取材対応 ・展示会出展 ・ ホームページの管理運営

連携推進グループ

大学及び研究機関等との情報交換・交流を行うとともに、産学官連携プロジェクトの立案、調整、研究推進に取り組むほか、 経営支援機関等と連携して企業などの事業化・実用化を支援しています。

製品開発支援グループ

道内企業の新製品開発や事業化の支援、研究成果の技術移転を行っています。また、企業向け研修会を開催しています。

研究員紹介

センター長 吉田 光則
研究主幹 髙橋 英徳(製品開発支援G)
熊林 義晃(連携推進G)
連携推進G 主査(連携推進):大市 貴志
工業技術支援G

主査(広報):山越 幸康
研究主査:宮﨑 俊之 研究主任:浦 晴雄
専門研究員 :工藤 和彦

製品開発支援G

主査(ものづくり):新井 浩成可児 浩
研究主査:神生 直敏  研究主任:浦池 隆文

ページのトップへ