積雪寒冷地における気候変動の影響評価と適応策に関する研究

 

北海道に住む我々とって雪は恵みと共に災害ももたらします。「克雪」という言葉通り克服すべき対象でもあり、生活に産業に、密接に関連するものです。

近年、豪雨災害など、気候変動に対する不安が実感を伴うようになってきました。既に北海道でも、気温の上昇や強い雨の増加が観測されており、今後、より影響が強く現れると予測されています。 雪についても、全国的には降雪量が減少傾向と予測されています。北海道でも雪の量や質が変化すれば、道民の生活や産業にも様々な影響が及ぶことが予想されます。

気候変動への対策として、温室効果ガスの排出量を減らすことは必要です。一方で、もう避けられない影響をよく知り、順応していく「適応」の取組みも重要です。しかし雪の変化にどう適応するかという観点での検討は、まだ十分には進んでいません。地域ごとに気候が大きく異なる北海道では、どこでどのように雪が変わり、どのような影響があり、どう対応すべきでしょうか?

こうした影響を明らかにし適応策の検討が推進されるよう、北海道の降雪・積雪に注目した取組みとして、環境研究総合推進費積雪寒冷地における気候変動の影響評価と適応策に関する研究」を進めています。

 

研究内容

本研究では、北海道立総合研究機構、北海道大学、農業・食品産業技術総合研究機構、帯広畜産大学、国立環境研究所が連携し、以下の研究を進めます。

  1. 北海道全体の雪に関する予測情報を、より細かな地域の影響予測に活かせるよう編集する。
  2. 雪の変化とその影響に関する情報を幅広く収集し、様々な分野における影響連鎖(インパクトチェーン)を構築する。また、代表的な影響連鎖について、適応策を検討する。
  3. 農業分野における、圃場レベルでの影響評価と適応策について研究を行う。
  4. 以上を北海道内の市町村、団体・企業、住民に提供し、地域適応計画立案等、気候変動適応の推進に資する参与型での支援に関する研究を行う。
 

これまでの研究成果

  • 濱原 和広:P21 雪はこれからどう変わる?何が起きる? −「積雪寒冷地における気候変動の影響評価と適応策に関する研究」の紹介−.令和3年(2021年)エネ環地研 成果発表会【LINK
  • 雪氷を対象とする気候変動に関する文献のリスト(「雪の文献リスト」)【LINK
 

外部発表資料

  • A-PLAT 地域の適応 取り組み事例インタビュー 適応策 Vol.19 "北海道立総合研究機構 エネルギー・環境・地質研究所「雪の推進費」"【LINK】(外部)
 

情報提供のお願い

本研究では、北海道の各地域で顕在化している雪の変化に伴う影響連鎖に関する情報を収集しています。以下の研究代表者まで御連絡いただけますと幸いです。

 

※環境研究総合推進費について

環境研究総合推進費は、環境政策への貢献・反映を目的とした競争的研究資金制度です。気候変動問題への対応、循環型社会の実現、自然環境との共生、環境リスク管理等による 安全の確保等、持続可能な社会構築のための環境政策の推進にとって不可欠な科学的知見の集積及び技術開発の促進を目的として、環境分野 のほぼ全領域にわたる研究開発を推進しています。

 
  • 研究代表者 野口 泉(エネ環地研 環境保全部長)
  • 地方独立行政法人北海道立総合研究機構
  • 産業技術環境研究本部 エネルギー・環境・地質研究所
  • 環境保全部 担当:濱原 和広
  • TEL 011-747-3557

ページのトップへ