研究課題

道総研では、課題を下記のように分類し、毎年様々な研究課題に取り組んでおります。

戦略研究

北海道の重要な施策等に関わる分野横断型の研究で、道総研の各研究分野間および大学や企業等との連携により実施します。理事長によるマネジメントのもとで、法人本部と各研究本部が連携し、プロジェクトチームを設置して行います。

重点研究

実用化、事業化につながる研究や、緊急性の高い研究を行います。道総研内外との連携を効果的に活用して実施します。

共同研究

大学、企業等の外部機関や行政機関と連携して実施する研究のうち、道総研の研究経費を共同研究の申請者が負担するものです。

受託研究

行政機関や企業、団体等の外部機関からの依頼により、契約または寄付により実施する研究です。

経常研究

技術力の維持・向上等に必要な基盤的な研究、新たな研究開発につながる先導的な研究、環境や資源等の継続的な調査、地域固有のニーズに対応した研究、北海道の施策を策定・遂行する上での基礎となる研究・調査など、多岐にわたる研究を行います。


食品加工研究センターの平成30年度の研究課題はこちらになります。


過去の研究課題一覧はこちらをご参照下さい


このページに関する問い合わせ窓口

食関連研究推進室
TEL:011-387-4115(直通)
メールフォームからのお問い合わせ先はこちら

ページのトップへ