平成22年度 試験研究課題一覧


■ 経常研究

研究グループ 試験研究テーマ
食品開発グループ
(農産食品)
・米粉を活用した麺類への新規利用技術開発
・道産野菜の特徴を生かした真空フライ食品の開発
・機能性を有する道産きのこの高度利用に関する研究
食品開発グループ
(畜産食品)
・消費者志向にマッチした漬け物の日持ち技術の開発
食品バイオグループ
(バイオテクノロジー)
・チーズホエイの有効利用に関する研究
・道産小麦の特徴を活かした高付加価値食品の開発
食品バイオグループ
(発酵食品)
・酵素処理及び発酵技術を用いた大豆の新規用途開発に関する研究
・道産原料および独自分離微生物を用いた北海道ブランド酒の開発
・道産小豆素材が有する新規保健機能の探索
応用技術グループ
(機能開発)
・味覚センサ技術による食品の「おいしさ」管理技術の開発
・におい識別装置を用いた道産発酵食品の香り評価技術に関する研究
・中食市場や東アジアをターゲットにした洋風水産食品の開発

■ 重点研究

研究グループ 試験研究テーマ
食品開発グループ
(農産食品)
・老健施設・病院等において用いる高齢者にやさしい食品の加工技術の開発
食品開発グループ
(畜産食品)
・北海地鶏の新飼育方式の開発とブランド向上
食品開発グループ
(水産食品)
・水産糖脂質の抽出・精製とその特性を活かした多機能食品素材の開発
・食品加工副産物の有効利用のための機能性天然色素素材の開発
応用技術グループ
(プロセス開発)
・野菜を原料とする低GI菓子製造技術の開発
・水を利用したマイクロ化学プロセスによる道産資源の高機能化

■公募型研究

研究グループ 試験研究テーマ 事業名
食品開発グループ
(農産食品)
・北海道産米粉の特性解析及び高齢者用食品、冷凍食品等に活用可能な新規食品素材の開発 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業【農林水産省】
・アンチエイジング機能を有するキノコの高度利用に関する研究 重点地域研究開発推進プログラム(地域ニーズ即応型)【科学技術振興機構】
食品開発グループ
(畜産食品)
・地域食品ブランドの信頼性・安全性の保証支援システムの研究開発 地域イノベーションクラスタープログラム(グローバル型)【文部科学省】
食品バイオグループ
(バイオテクノロジー)
・機能性を付与したナイトファーメントミルクの開発 重点地域研究開発推進プログラム(地域ニーズ即応型)【科学技術振興機構】
応用技術グループ
(機能開発)
・バイオマス機能成分・水分制御による食品の品質安定化及び高品質化技術の研究開発 地域イノベーションクラスタープログラム(グローバル型)【文部科学省】

ページのトップへ