設備使用の手続きについて

中小企業等の製品開発などを支援するため、設備機器を開放しています。
設備使用を希望される場合は、担当研究職員とご相談の上、試験機器等の設備及び施設利用申込書を提出してください。なお、地方独立行政法人化に伴い、申込書類及び料金納付方法を変更いたしましたのでご注意ください。
ご利用料金は振込依頼書(振込手数料が別途かかります。)を申込者に送付いたしますので、金融機関等でお振込みください。(北海道収入証紙は使用できませんのでご注意ください。)

注意事項

申し込み書等ダウンロード

試験機器等の設備及び施設利用申込書(記載例(PDF)
一太郎   Word   PDF
※参考:試験機器等の設備及び施設の提供に関する規程(規程(PDF)

設備使用手続きフロー

  1. 設備使用相談(企業⇔工業技術支援グループ、研究職員)
  2. 使用機器、日程等調整(企業⇔工業技術支援グループ、研究職員)
    ↓←試験機器等の設備及び施設利用申込書提出(企業→工業技術支援グループ)
  3. 試験機器等の設備及び施設利用申込書提出(企業→工業技術支援グループ)
  4. 機器使用(企業)
    使用方法説明(研究職員→企業)
  5. 使用実績確認、使用後点検(研究職員→工業技術支援グループ)
  6. 振込依頼書送付(法人本部→企業)
  7. 使用料納入(企業→金融機関等)
※「試験機器等の設備及び施設利用申込書」には企業の印鑑が必要です。

設備使用料

使用料の料金を確認する場合には、次の各項目をクリックしてください。設備については使用料とあわせて設備の仕様も記載しています。
設備の仕様及び設備使用料 加工および工作機器
試験および測定機器
検査機器
その他の機械器具

導入機器の紹介

試験機器一覧
お問い合わせ先
ものづくり支援センター工業技術支援G
TEL:011-747-2348
FAX:011-726-4057
E-Mail:iri-sodan@ml.hro.or.jp

ページのトップへ