━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ H29/12/07 Vol.17.10 No.121 ◆━━━━━━
 ■□■     北工試だより ~道総研工業試験場メールマガジン~    ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月の積雪により、工業試験場周辺も完璧な冬景色です。
工業試験場にお越しの際は、足下にお気をつけてお越しください!
平成29年の終わりも目前ですが、みなさまのご利用をお待ちしています♪

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 目  次 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
【1】『JKA補助事業による新規導入機器』のご紹介!
【2】『デジタルエンジニアリングによる設計・解析技術紹介セミナー
~第12回北海道CAE利用技術研究会~』講演会のご案内!
【3】『道総研工業試験場報告 No.316(2017)』をホームページに掲載しました!

**********************************
【1】『JKA補助事業による新規導入機器』のご紹介!
**********************************
公益財団法人JKAの平成29年度機械工業振興補助事業により、次の3つ
の機器が導入されましたのでご紹介します。

 ▼全自動元素分析装置 (エレメンター社製、vario EL cube)
有機物をはじめとする多くの物質の基本構成元素である炭素、水素、窒素、
硫黄、酸素を定量分析する装置で、粉体または液体試料の分析が可能です。
炭素、水素、窒素、硫黄は1回の測定で同時に分析できます。80検体のオートサンプ
ラーが装備され、効率の良い分析が可能です。

 ▼ポータブル型X線残留応力測定装置 (パルステック工業製 μ-X360n-h)
試料に照射したX線の反射角度を分析することで、試料に加わっている残留
応力を測定する装置です。ポータブル型のため、大きな構造物などに対しても、
現場での測定が可能です。さらに、熱処理後に発生する残留オーステナイトを
定量的に調べることが可能で、金属製品の品質評価にも活用できます。

 ▼デジタルインバータ制御溶接装置 (Fronius社製 TPS4000MV)
アーク溶接時の電流・電圧をデジタル制御し、溶込状態を安定化させること
で、品質の良い溶接を行うことができる装置です。溶接ワイヤの加熱制御機能
を有しているため、工具鋼など予熱温度の管理が重要な難溶接材料や、溶接材
料本体を溶かさないろう付けでの使用など、幅広い材料や製品形状での使用が
可能です。

▼JKA補助事業設備紹介
http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/iri/JKA/index.html

**********************************
【2】『デジタルエンジニアリングによる設計・解析技術紹介セミナー
~第12回北海道CAE利用技術研究会~』講演会のご案内!
**********************************
 近年、デジタルデータを基に製品や部品の設計・解析を行うデジタルエンジニアリング
技術の発展は著しく、3Dデータを効率的に活用することで開発工数の削減や高精度な3
次元形状測定を行うことができます。
本セミナーでは、東京大学大学院 工学系研究科 精密工学専攻 教授 鈴木 宏正氏
と、本田技研工業株式会社 高山 光弘氏をお招きし、X線CTによるリバースエンジニ
アリングや、自動車業界におけるCAE活用事例等についてご講演頂きます。
  今後の製品開発、研究開発に向けた情報収集の場としてお気軽にご参加ください(研究
会会員以外の方々におかれましてもお気軽にご参加ください)。

◆日 時:平成29年12月13日(水)   15:00~17:15  
◆会 場:フード&メディカルイノベーション国際拠点 2階セミナールーム
          (北海道札幌市北区北21条西11丁目)
◆プログラム
15:00 開催挨拶
15:05 講演1
「産業用X線CTを用いたリバースエンジニアリング」
東京大学大学院 工学系研究科 精密工学専攻 教授 鈴木 宏正氏
16:05 講演2
「多様化ニーズに対応したサプライヤ連携CAEの考え方」
本田技研工業株式会社 企業プロジェクト 高山 光弘氏
17:05 総合質疑
17:15 閉会
17:30 情報交換会

  ▼詳しい内容、お問合せはこちらをご覧ください!
  http://www.iri.hro.or.jp/news/17/workshop/20171213CAE.pdf
※申込みの期限が超過していますが、まだまだ受け付けています。

**********************************
【3】『道総研工業試験場報告 No.316(2017)』をホームページに掲載しました!
**********************************
 本報告には昨年度終了した課題を中心に、試験研究、技術指導等から得られ
た成果や知見を一般論文8報、研究ノート 13報としてまとめてあります。
  是非ご活用いただきたいと思います。

▼当場のホームページのこちらからご覧いただけます!
  http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/iri/jyoho/reports/316/index.html

========================================
■□■ このメールマガジンについて ■□■
◎メールマガジンの登録、登録内容の変更、登録解除等につきましては、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
◎皆さんからのご意見、ご質問、ご感想などをお待ちしております!
[ 編集・発行 ]
            (地独)北海道立総合研究機構 産業技術研究本部
                     ものづくり支援センター 技術支援部工業技術支援G
          E-mail:iri-shien@ml.hro.or.jp
メールマガジンホームページ:
          http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/iri/magazine/
========================================

ページのトップへ