戦略研究

終了課題はこちら 


道総研内の複数の研究分野、及び大学や企業等との連携を効果的に活用し、北海道の重要な施策等に関わる分野横断型の研究を戦略的に推進します。

研究期間 5年(平成27年度~令和元年度及び令和元年度~令和5年度)
研究予算 一課題につき、年間2,000万円(5年総額1億円)×3課題
実施課題数 中期計画に定めた3つの研究重点領域に対応した3課題を実施

 

『素材・加工・流通技術の融合による新たな食の市場創成』




平成27年度~令和元年度



中央農試、根釧農試、花・野菜技術センター、食加研、工業試験場、中央水試、釧路水試、林産試、民間企業、農業生産法人、漁協、道庁関係部局、道内自治体

究の概要
本研究では、第1期食戦略研究「北海道の総合力を活かした付加価値向上による食産業活性化の推進」の成果を継承し、食品群の消費機会を増大させるための加工・保存・流通などの技術開発と企業連携範囲の原料生産者や流通・販売企業への拡大を組み合わせた「技術を軸とした新しい食産業連携モデル」の構築を通して、新たな食の市場を創成し、北海道食産業の振興に寄与します。

※研究重点領域「食料の安定供給技術の確立と食関連産業の振興」に対応

 

『地域特性に応じた再生可能エネルギー供給と省エネルギー技術の社会実装』




令和元年度~5年度



工試、林業試、林産試、環境研、地質研、北総研、北海道大学

究の概要
再生可能エネルギーの利用拡大と省エネルギー化の推進のため、市町村等と連携して地域特性を踏まえた技術開発を行い、北海道が有するエネルギー資源を最大限に活かしつつ、環境と調和した持続可能な循環型地域社会の創造に貢献します。

※研究重点領域「再生可能エネルギー等の安定供給システムと省エネルギー技術体系の構築」に対応

 

『農村集落における生活環境の創出と産業振興に向けた対策手法の構築』


施期間
平成27年度~令和元年度



中央農試、十勝農試、根釧農試、釧路水試、さけ・ます内水試、林試、工試、地質研、北総研、北海道大学、道銀地域総合研究所、下川町、喜茂別町、富良野市、深川市納内地域集落対策協議会、東日本電信電話株式会社




人口減少・高齢化が進む農村集落を主な対象として、集落の生活利便性計測手法、社会基盤の再編に関するコストシミュレーション手法、生活基盤施設の集約化・多機能化の推進手法、産業振興施策の策定・実施に向けたコンサルティング手法など行政を支援するツールを開発します。
開発した支援ツールについては、地方自治体における施策立案場面において活用していただくことを目的としています。

※研究重点領域「自然・産業・生活が調和した安全で持続可能な地域の形成」に対応

ページのトップへ