特許権

研究、技術支援などにより得られた成果から、より多くの知的財産を発掘し、企業・団体などによる活用が見込まれる知的財産を選定し、出願・登録を行っています。

 

 
特許等を活用したい方で、実施許諾等を受けたい場合は、ご連絡下さい。

 

平成30年3月31日 現在


 特許第3925502号 新規な乳酸菌とそれを用いて得られる発酵豆乳及びその製造方法(HOKKAIDO株)

北海道内の農家の漬物から分離されHOKKAIDO株と名付けられた乳酸菌株を用いて、発酵豆乳など機能性を有する食品等を製造する技術。

 特許第5245304号、特願2011-54445 きのこを活用してGABA富化素材を作る

アミノ酸であるγ-アミノ酪酸(GABA)は、血圧を抑えたりリラックス効果が期待されている。本技術は、エノキタケ等の生鮮品に特定の処理を施しGABA含量を高めた素材を効率的に生産するとともに、食感を保持したものを含め多様な素材を得ることを可能とする技術。
※ 特許第5245304号:機能性を富化するきのこの製造方法
※ 特願2011-54445  :γ-アミノ酪酸を含有する食品およびその製造方法

 特許第5444633号 色彩浮造り合板の製造方法

道内の針葉樹(トドマツ・カラマツ)を用いた内装用合板に利用が可能。合板の表面に「浮造り」による凹凸と色彩を加えた「浮造り合板」の製造技術。

 特許第5633041号 木質板積層圧密接合構造

合板に使われている単板を基材に、部分的に積層や圧密することで、剛節かつ全強の接合構造とこれを用いた木質フレーム構造に関する技術。

 特許第5863098号
ホウレンソウケナガコナダニ防除用生物農薬およびホウレンソウケナガコナダニを防除する方法

コナダニ類を捕食する土着天敵である「ヤマウチアシボソトゲダニ」の大量増殖法を確立。ホウレンソウ栽培圃場に定着向上資材とともに放飼して、ホウレンソウケナガコナダニ防除に活用可能。


○ その他 保有特許等一覧 は、こちら

なお、特許出願の日から1年6カ月が経過している権利は、「 特許情報プラットフォーム J-PlatPat 」から技術内容を確認することができます。



 
 

お問い合わせ
本部研究企画部
電話011-747-2806 FAX011-747-0211
メールアドレスhq-rps■hro.or.jp
(迷惑メール防止のため、上記アドレスの■を小文字の@に変えてから送信してください。)

ページのトップへ