ノーステック財団との連携協定

CIMG8176.JPGのサムネール画像


CIMG8179.JPGのサムネール画像

【左:道総研 丹保 憲仁 理事長、右:ノーステック財団 近藤 龍夫 理事長】

道総研とノーステック財団は、研究開発の推進や産学官による事業化・商品化等の取組において積極的な連携・協力を行うことにより、地域の発展及び産業技術の向上に寄与することを目的として、平成22年6月10日(木)に連携協定を締結しました。

今回締結した連携協定の概要は、次のとおりです。

【連携の目的・連携協力事項】

道総研とノーステック財団は、地域の発展及び産業技術の向上に寄与することを目的として、それぞれの組織の強みを活かしつつ、情報、人材、ネットワーク、ノウハウなどの資源を効果的に活用しながら、次に掲げる事項について相互に連携・協力することとしております。

(1)先導的・基盤的研究の推進
(2)事業化・実用化に向けた研究開発の推進
(3)地域イノベーションの創出に向けた連携の強化

※連携・協力による具体的な実施事項については、別に設置する「連携協議会」において、協議・検討を行いながら進めていくこととしております。

ページのトップへ