グリーンテクノバンクとの連携協定

sign140326-mini.jpg


hands140326-mini.jpg


[左:道総研 丹保 憲仁 理事長、 右:グリーンテクノバンク 丸谷 知己 会長理事]


グリーンテクノバンクと道総研とは、相互に連携・協力し、北海道内の農業、食品産業及びその関連産業の振興に寄与することを目的として、平成26年3月26日(水)に連携・協力に関する協定を締結しました。
この連携協定の締結により、グリーンテクノバンクが持つネットワークや人材、道総研が持つ研究・技術支援機能や研究成果等の技術シーズなどを活かし、道内の農業者や企業等が持つ課題の解決、技術移転・事業化の促進などに一層取り組んでまいります。
今回締結した連携協定に基づく連携協力事業は、次のとおりです。

 


【連携協力事業】

グリーンテクノバンクと道総研は、本協定の目的を達成するために、次に掲げる事項について連携・協力して取り組むこととしています。
(1)産学官連携促進に係る情報の共有に関する事項
(2)研究成果の事業化・民間移転ならびに技術支援に関する事項
(3)競争的研究資金の獲得に関する事項
(4)セミナー等の共同開催・開催支援ならびに広報活動等に関する事項
(5)その他、本協定の目的遂行のために双方が必要と認めた事項

 

ページのトップへ