法人本部

第7回道総研オープンフォーラム

地域に応じたゼロカーボン技術を北海道のすみずみに

<新着情報>

おかげさまで、オープンフォーラムは盛会にて開催することができました。ご来場、視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。

【落し物情報】
*スマートフォン
*ハンカチ
*フィールド用具(シルバー金属小物) の落し物がありました。
お心当たりある方は、事務局(本ページ下記の「問い合わせ」に記載)へご連絡ください。
 

3月 1日 ○オープンフォーラムを開催しました。
3月 1日 ○web参加者向けの事後アンケートフォームを公開しました。
      参加者はこちらから回答ください → 事後アンケートページへ
2月29日 ○会場参加申込の方へアナウンスを行いました。
2月28日 ○本ページにて、期間限定(~3/8)でフォーラム講演資料を公開しました。
2月28日 ○web参加申込みの方へアナウンスを行いました。
2月26日 ○令和6年3月1日(金)開催の第7回道総研オープンフォーラムは、web上での受付を締め切りました。

● 参加申込された方へ

  • 【会場参加希望者】
    お時間までに直接会場へお越しください。ホール手前に受付を用意しています。受付にてプログラム、研究成果パンフレットをお配りします。
    なお、個別の講演資料につきましてはお配りしませんので、本ページに掲載の資料(PDFデータ)を各自ダウンロードの上、ご覧いただきますようお願いします。
  • 【web参加希望者】
    2月28日午前に、Zoomウェビナーへの参加URLを付けた案内状をお送りしましたので、メールをご確認ください。お送り先は、代表者メールアドレス(申込時に記載のアドレス)へお送りしました。同時に聴講される方につきましては、代表者よりメール転送等していただきますようお願いします。
    もしもメールを受け取れなかったという方がいましたら、hq-rps [at] hro.or.jp までご連絡ください。
    当日は、各自で接続環境をご用意の上、ご視聴ください。質問・意見等はチャット(Q&A)機能をお使いください。
    プログラム・講演資料につきましては、本ページに掲載の資料(PDFデータ)を各自ダウンロードの上、ご覧いただきますようお願いします。
    なお、ポスターセッション時間については、ポスター会場をweb配信できかねますことをご了承ください。

● 参加申込をしていない方へ

  • 【会場参加希望者】
    まだ席に余裕がありますので、来場可能です。お時間までに直接会場へお越しいただき、当日受付を行ってください。
    資料等の案内は「参加申込された方へ」の記載をご覧ください。
  • 【web参加希望者】
    参加者管理の都合上、web申込み済みの方のみとさせていただきますこと、ご了承ください。

プログラム・講演資料

講演資料をwebアップロードいたしました。期間限定公開中です(令和6年3月8日まで公開)。フォーラム聴講の補足資料として、各自ダウンロードの上、ご覧ください。

プログラム(公開版

       第7回道総研オープンフォーラム「地域に応じたゼロカーボン技術を北海道のすみずみに」
       (ファイルサイズ:3MB)

1.基調講演(講演資料_1

      北海道大学 教授 石井一英
      「ゼロカーボン北海道に貢献できる再エネ等の地域資源の活用」
       (ファイルサイズ:12MB)

2.成果発表①(講演資料_2

      戦略研究プロジェクトリーダー 北口 敏弘(道総研 エネルギー・環境・地質研究所)
      「戦略研究の成果の概要」
       (ファイルサイズ:2MB)

 成果発表②(講演資料_3

      戦略研究サブリーダー 堤 拓哉(道総研 建築研究本部)
      「脱炭素のまちづくり~公共施設の省エネとエネルギー融通の効果~」
       (ファイルサイズ:3MB)

 成果発表③(講演資料_4

      戦略研究サブリーダー 白土 博康(道総研 エネルギー・環境・地質研究所)
      「地域特性に応じたエネルギー地産地消モデル構築~当別町における木質バイオマス・地下水熱利用の取り組み~」
       (ファイルサイズ:4MB)

 成果発表④(講演資料_5

      戦略研究サブリーダー 鈴木 隆広(道総研 エネルギー・環境・地質研究所)
      「温泉熱と温泉付随ガスのハイブリッド利用モデルの提案~足寄町イチゴ栽培ハウスでの事例~」
       (ファイルサイズ:3MB)

開催情報

  • 日時:    令和631日(金)14時~17(受付開始 13時)
  • 場所:    かでる2・7 かでるアスビックホール (札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービル)
  • 開催方法:対面、リモート併用(参加費 無料)
  • 定員:    対面500名、リモート500
  • 主催:    地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
  • 後援:    北海道、当別町、津別町、足寄町

フォーラム内容(於:かでるアスビックホール)

  • 開会挨拶(道総研 理事長 小髙 咲)
  • 基調講演(上記のとおり)
  • 成果発表(上記のとおり)
  • 総合討論(当別町、津別町、足寄町よりパネリスト登壇予定)
  • 閉会挨拶(道総研 理事 鈴木 大隆)

ポスター展示内容(於:展示ホール)

  • ポスターセッション
               道総研戦略研究「地域特性に応じた再生可能エネルギー供給と省エネルギー技術の社会実装」の成果を紹介
  • 展示
               道総研の研究成果・活動を紹介(戦略研究、エネルギー・ゼロカーボン関連研究)

 

フォーラム案内
第7回道総研オープンフォーラム「地域に応じたゼロカーボン技術を北海道のすみずみに」 案内チラシ  第7回道総研オープンフォーラム「地域に応じたゼロカーボン技術を北海道のすみずみに」 案内チラシ
 (表)                      (裏)

 

お問い合わせ先

(地独)北海道立総合研究機構 法人本部(担当)
TEL011-747-2809
MAIL:hro-hqrp [at] hro.or.jp

 

資料

フォーラム案内ポスター (PDF)

フォーラム案内チラシ (PDF)