道総研セミナー

道民の皆様の関心が高いテーマについて、道総研の研究員が説明し、道総研の知見や研究成果を幅広くお伝えします。
開催が決まり次第、ホームページ等でご案内いたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

道総研セミナー「センサで見守る健康と生活」

セミナーのちらし
この10年の間で、「見守りサービス」という言葉が急速に知られるようになりました。高齢者の健康や安全を陰に日向にチェックするサービスですが、これを支えているのが、センサとIoT(Internet of Things; モノのインターネット)の技術です。
見守り技術の発達は、スマートホンの発達と時期を同じくしています。スマートホンの開発競争がセンサや無線装置の小型化、高性能化を促進し、見守り技術の発展につながったのです。現在では、センサは私たちの生活行動や健康状態のほか、家畜の健康までも見守るようになりつつあります。
今回のセミナーでは、センサとIoT技術を用いた様々な見守り技術についてご紹介します。

【日時】令和元年6月23日(日)15時30分から16時30分まで
【場所】紀伊國屋書店札幌本店 1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55)
【講演者】道総研 工業試験場 デザイン・人間情報グループ 主査 中島 康博
【参加費等】参加無料、事前申込み不要
【主催】道総研(地方独立行政法人 北海道立総合研究機構)

これまでの道総研セミナー概要


お問い合わせ
本部連携推進部(広報担当)
電話011-747-2804 FAX011-747-0211
メールアドレスhq-entry■hro.or.jp
(迷惑メール防止のため、上記アドレスの■を小文字の@に変えてから送信してください。)



ページのトップへ