III ブルーベリー

1 特性

 ツツジ科スノキ属に属し、樹高の低い灌木性果樹である。北米原産で、性状の異なるものが数種あるが、そのうち北海道で普及されているのはハイブッシュ・ブルーベリーである(他にローブッシュ・ブルーベリー、ラビットアイ・ブルーベリーなどがある)。
 本種は、有機質に富んだ適温な酸性土壌が適するのが特徴である。花は白色鐘形で総状花序となって着生する。果実は成熟すると濃藍色になり、1果重は1~2gである。果実の表面は果粉で覆われている。果肉は白色で粘質、種子は茶褐色で極めて小さい。
 結果樹齢は、挿し木後3年前後であるが、成木に達するのは6~7年かかる。耐寒性は比較的強いが、年によって新梢の先枯れを生じることがある。

2 品種

 近年は、果実の大きい品種も育成されてきているが、北海道農業試験場と中央農業試験場で有望と認めた品種は表23のとおりである。なお、近年は果実の大きい品種も出始めている。

表23 ハイブッシュ・ブルーベリーの品種と特性

品種名 樹高(cm) 樹幅(cm) 開花期間(始~終) 1株収量(kg) 1果重(g) 糖度 10a当収穫量 収穫期間
ウェイマウス 134 188 5/27~6/14 2.0 1.7 12.5 639 7下~8下
ハーバート 165 171 6/5~6/20 1.2 2.0 11.8 673 8中~9中
ジューン 160 155 5/20~- 1.6 1.3 11.7 7下~8下
ランコーカス 145 143 5/28~- 0.8 1.2 12.5 8上~9上

次のページへ進む

目次に戻る