IV きいちご

1 特性

 バラ科キイチゴ属で、茎には大小の刺針があり、また、茎の性状から直立性、ほふく性、半立性がある。きいちごには、ラズベリー(果実が成熟すると集合果が花托から分離する)とブラックベリー及びデューベリー(集合果が花托に付いたまま花盤から分離する)がある。
 結果樹齢は2~3年で、成木樹齢は5~6年である。耐寒性はラズベリーが最も強く、北海道に適合するが、ブラックベリー及びデューベリーは耐寒性が弱く、北海道には適合しない。以下、ラズベリーについて記載する。

2 品種

 ラズベリーは果色によって赤(黄色は赤からの突然変異)、黒、紫ラズベリーに分けられる。

表25 ラズベリーの主要品種の特性

品種名 樹高(cm) 樹幅(cm) 開花期間(始~終) 1株収量 1果重(g) 果実色 10a当収穫量 収穫期間
ラーザム 206 167 6/23~7/18 1.4kg 2.0 鮮紅 382 7下~8下
カスバート 232 209 6/24~7/18 0.8 1.6 濃赤 364 7下~8下
フレミング・ジャイアント 130 115 6/19~7/13 1.2 1.9 鮮紅 347 7中~8中
セプテンバー1季 150 143 6/16~7/8 1.5 2.1 鮮紅 415 7中~8中
セプテンバー2季 8/15~10/7 0.5 2.1 9中~降霜
ゴールデン・クィーン 210 206 6/26~7/18 1.5 1.6 鮮黄 392 7下~8下

 上記のほかに道優良品種になったものに、カナダ原産の「ヌートカ」「チルコチン」「スキーナ」があり、果実が大きいのが特徴である。

次のページに進む

目次に戻る