微量要素の欠乏症


亜鉛欠乏

症状の特徴

  1.  下位葉の葉縁部から淡い黄化症状が現れ、速やかに葉脈間に及ぶ(写真1)。
  2.  症状の進行に伴い葉縁部は壊死斑に変化するが、葉脈間は葉脈の緑を鮮明に残して退色する(写真2)。マンガン欠乏に比べて葉脈間の退色が顕著であるため、葉裏から見ても症状の鮮明さに差は無い(写真3)。
  3.  中位葉に現れる淡い黄化症状は速やかに斑点状の壊死斑へと変化する(写真4)。
  4.  亜鉛は上位葉へ移行し易いために症状は下位葉から現れる。

発生しやすい条件 

  1.  リン酸を過剰施用した場合、亜鉛の吸収が抑制される。
  2.  カルシウム資材の施用に伴う土壌pHの上昇により土壌中の亜鉛が不可給化する。
  3.  北海道ではタマネギをはじめ十勝地方(褐色火山性土)のトウモロコシ、上川地方(流紋岩質溶結凝灰岩を母材としている褐色森林土)のトウモロコシと小豆に亜鉛欠乏の発生が認められている。このような地帯では亜鉛欠乏が発生するおそれがあるので注意する。



紛らわしい障害(関連の障害参照)

  • 初め葉縁部に黄化症状が現れる点がカルシウム欠乏に似る(写真)。カルシウム欠乏では、やがて葉中央の葉脈とその周辺の緑のみの残して退色する。また、上位葉に発生する。




カルシウム欠乏症の初期症状

写真

 カルシウム欠乏の初期症状。葉縁部から黄化症状が現れる。




下位葉葉縁部の淡い黄化症状

葉縁部の壊死斑と葉脈間の退色化

写真1

下位葉の葉縁部から淡い黄化症状が現れ、速やかに葉脈問に及ぶ。
  (3葉期−Zn3週目)

写真2

症状が進むと葉縁部は壊死斑へと変化し、葉脈の緑を鮮明に残して葉脈問は退色する
  (3葉期−Zn5週目)

葉裏の症状

中位葉の斑点状壊死斑

写真3

葉裏から観察しても葉表と同様の症状が観察される。
(3葉期−Zn5週目)

写真4

中位葉には斑点状の壊死斑が現れる。
 (3葉期−Zn5週目)




目次へ戻る