多量要素の欠乏症状

 リン欠乏

症状の特徴

1)リン欠乏では最初に株全体の葉身の光沢が無くなり、濃緑色を呈する(写真3)。
2)古葉から葉脈間に赤紫色を帯びる症状が現れる(写真3、4)。
3)新葉では生長が著しく抑制され、小葉化する。
4)症状が進むと古葉から枯死が進行し、最終的には株全体がしおれる様に枯死する(写真5)。
5)葉脈間は赤紫色から赤色へと変化するとともに、赤色化した部位の周囲が黄化し、さらにネクロシスへ症状が進行する。古葉の葉縁部にもネクロシスが観察される(写真6、7)。

発生しやすい条件

1)一般にリンを固定しやすい火山性土壌や水田転換畑圃場では、作物に吸収されやすいリンが少ないことから、リン欠乏の発生頻度が高い。
2)リン吸収が抑制される低温時に起こり易い。
3)土壌pHが極めて低い酸性化した土壌で発生しやすい。

リンの役割

1)リンは核酸や細胞壁の構成成分であり、特に細胞の増殖が盛んな生長点付近に移行して集積する。
2)欠乏すると生育が抑制されるとともに、古い葉から生長の盛んな新しい葉へとリンが移動するため、症状は一般に古い葉から現れる。

写真3 葉身の光沢が無くなり、濃緑色になる。
葉脈間の赤紫色化が始まる。
(5週目 -P5週目 エッチエス-138)
写真4 葉身の光沢がなくなり、古葉の葉脈間は赤紫色化が進む。
(10週目 -P5週目 カレイニャ)

リン欠乏の症状(その1)

次へ

ページのトップへ