技術普及室のトップページ  

 

試験場の地方独立行政法人化により、これまでの中央農試技術普及部は、農政部 生産振興局 技術普及課(研究本部駐在)と北海道立総合研究機構 農業研究本部 企画調整部 地域技術グループによる中央農試技術普及室に再編成されました。
組織形態は変わりましたが、活動はこれまでと同じですので、今後ともよろしくお願いします。
 

おしらせ  


業務の内容  

技術普及室では空知、後志、胆振総合振興局および石狩、日高振興局管内に対する試験場の地域対応の窓口です。具体的には、普及事業の支援にあたるとともに、新しく設置された地域農業技術支援会議をとおして、行政、普及や関係機関と連携をとりながら、地域が抱える課題の解決にあたっています。

【地域農業技術支援会議】 農村及び農業関連産業が直面する課題に迅速かつ的確に対応するため、行政、普及、試験研究が密接に連携し、地域農業を支援する推進体制として、平成18年度より活動しています。 

  • 地域農業振興支援に係る企画調整
    地域農業技術支援会議の運営、総合振興局および振興局との調整  
  • 地域における研究ニーズの収集や技術体系化試験課題の設定と試験設計支援
    現場の状況をふまえた研究部門への提案等(農業試験会議への参加)  
  • 地域農業・農村を支える技術体系化に向けた試験研究の実施
    研究部門と普及センターを加えたチーム編成  
  • 地域の研究機関等と連携・共同した技術開発
    市町村等の農業センターとの連携  
  • 開発技術の普及状況評価とその対応
    フォローアップや研究課題への提案  
  • 研究課題と普及課題の連携による地域課題への対応
    研究課題+普及課題=地域課題の早期解決と農村振興  
  • 普及センターの活動支援と農業技術情報等の提供
    普及課題に対する技術支援、OJTなどへの支援
    研究部と連携して技術情報を収集・分析し、普及センターに提供 

 


 

平成31年1月9日更新  

 

ページのトップへ