依頼分析の手続き等について

農業研究本部(中央農業試験場)では、農家、農業団体、農業関係者等の依頼を受けて、①土壌の理化学的特性や肥料・堆肥等の成分分析、
②農産物の品質分析、③品種のDNA判定などを有料で行っています。相談窓口、分析項目と手数料、手続き等は以下の通りです。
なお、都合により、土壌中の物質濃度に関する項目の分析ついては、当面の間、休止します。

1.相談窓口
分析の依頼にあたっては、下記の窓口に相談してください。
中央農業試験場 農業環境部 環境保全グループ 研究職員 藤井はるか
〒069-1395 夕張郡長沼町東6線北15号
電話:0123-89-2582(環保グループ直通)、FAX:0123-89-2060(職場代表)

2.分析項目と手数料

3.手続き
分析項目や経費・所用期間等についての相談が終わりましたら、以下の事務手続きを行います。
1)依頼試験等申込書提出(依頼者→相談窓口)
FAXで送付して下さい。前納の場合、押印は不要です。依頼者(例、◯◯会社代表取締役◯◯◯)と担当者(例、◯◯会社総務部△△△)が
異なる場合は、その両者を記入して下さい。

2)振込依頼書送付(道総研本部→依頼者)

3)手数料納入(依頼者→金融機関→道総研本部)
振り込み後は速やかに、金融機関発行の領収書の写しを相談窓口にFAX送付してください。
手数料は前納が原則ですが、後納も可能ですので、その場合はあらかじめご相談下さい。

4)分析試料の送付(依頼者→相談窓口または分析担当者)

5)分析実施(分析担当者)
手数料の支払いを確認後、分析を開始します(前納の場合)。

6)成績書(結果報告書)送付(相談窓口→依頼者)

4.申込書等ダウンロード
1)依頼試験等申込書(pdf)
2)上記の記載例(pdf)
2)成績書等謄本交付申込書(pdf)

5.注意事項
1)道内に住所を有しない方(法人又は団体にあっては、道内に事務所又は事業所を有しない場合)については、法人の諸料金規程に基づき、
料金表の2倍の料金になります。

2)原則として納入された料金は返還いたしません。

3)依頼試験等申込書1通につき成績書1通を発行します。成績書が複数必要な場合は、申込書の謄本の必要部数欄に記入して下さい。複数試
料の分析を同時に依頼し、各試料ごとの個別の成績書を必要とする場合は、申込書も個別に提出してください。

4)以前の成績書について、再発行が必要な場合は、成績書等謄本交付申込書を提出してください(有料)。

ページのトップへ